2015年06月01日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

日本の文化を感じる”和”の空間

”和”の空間を設置するかどうするか迷っているならば、是非この記事を読んでみてください。日本の文化を感じる”和”の空間が小さなスペースとてあると、心が和み落ち着きます。無駄なスペースだと思われがちな”和”の空間ですが、今回改めて”和”の素晴らしさを感じて頂ければと思います。


多機能の要素

こちらの和室は納戸・客間・茶室を兼ねています。桐材と漆喰が使用され、畳には炉を切ったとても贅沢な空間です。着物の収納の為に桐ダンスもあります。

hosono house

掘りごたつ

掘りごたつと言っても、今は椅子式の文化が普及しているので、昔の様に暖房装置としての役割のことを表すだけではなく、腰をかけた姿勢をとることが出来るように床を低くしたもの、という考え方になってきています。腰かけた姿勢は疲労が少ないと、第二次世界大戦後から急速に普及しました。

熱海・自然郷の家

月雪見障子

障子のある空間もとても素敵です。中でもこちらは「月雪見障子」を採用しています。障子の上下がスライド式で上げ下げできるようになっていて、上は月を見ることができ、下は雪を見ることができるという意味。名前にも風情を感じますね。

坪井町の家

仏間

仏像や位牌が安置できる部屋の事を仏間と言います。こちらは仏間兼茶室として利用できるようになっています。4畳の部屋を1畳と3畳で仕切れるようにして、1畳の部分はお茶の際の水屋として機能します。壁からは水屋棚が出てくる仕組みです。

マンションに仏間⇔茶室  住まいの一角に心落ち着く空間を

床の間

床の間とは、壁に書画をかけたり、板の上に置物を飾ったりする空間のことを言います。

いすみの家

茶室

本格的な茶室です。「本勝手」と「順勝手」によって間取りが違ったり、流派によって配置が異なることがあります。こちらは、畳の目の山と縁の位置関係まで職人に指示をして作らせた特別な空間です。

和に合う、ミッドセンチュリー家具との住空間


この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • リビングダイニング2
  • リビングダイニング
  • ストリップ階段
  • エントランスホール

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問