2015年03月06日更新

おしゃれな部屋事例(その他) , インテリア(その他)

畳がキテル!和の心を忘れない畳部屋をつくろう

どんなに洋風建築が主流になっていても、やっぱり私達は日本人。
お家の中に、畳スペースがあるだけで心がホッとして、幸せな時間を過ごすことが出来ますよね。
そこで今回は、洋風建築のお家に上手に「畳」のスペースを取り入れた事例をご紹介します。


リビングの一角に、小上がりの畳スペースを設けてみるのはいかがでしょうか?
夕食後にゴロンと寝転がって一休みしたい時に、最適です。

D-house「多角形の家」 (リビングダイニング)

上記の写真を違う角度から見てみると、このようになります。
階段のすぐ下に、畳スペースがあると少し不思議な感じがしますね!

D-house「多角形の家」

扉の向こう側には、畳スペースがお目見えです。お子様連れのお客様がいらした時には、こちらの扉を開けて赤ちゃんが自由に行き来出来るスペースを作ってあげましょう。ちょっとした気遣いが喜ばれます。

八ヶ岳の山荘

階段を上がると、すぐ横に階段スペースがあります。
ボーっとテレビを見ながら、1人で過ごす時間も心地よいですよね。お家の中に、畳スペースを作ることで、心の安定を保つことが出来ます。

対のいえ

洋風スタイルの照明やインテリアの中に、ちょっとした小上がりスペースを作りました。
お母さんはキッチンで料理を作りながら、畳の上でねんねをする赤ちゃんを眺めることもできます。

鶴見の家

フローリングとフラットに畳スペースを設けることで、実にフラットでゴロゴロしやすい空間が広がっています。濃さの違う畳を組み合わせると、とても面白いですね!ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

小畑邸

リビングの中央にある小上がりの畳スペースは、家族が自然と集まってくる憩いの場所になっています。畳にゴロンと寝転がりながら、うたた寝をしても良し、トランプで遊んでも良し、お茶とお菓子で甘い時間を過ごすのもオススメです。
畳スペースを、お家の中のどこに設置するのかも非常に重要になってきますね。

W邸


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • リビング2
  • 共用階段
  • 大きな階段
  • LDK
  • 玄関ポーチ02

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問