2015年01月13日更新

おしゃれな部屋事例(外観)

印象に残る素敵な外観!和の魅力をご紹介

和の外観は過度な華やかさはありませんが、物静かな凛とした美しさがあります。
今回は印象に残る和の外観をご紹介します。


古い木造住宅は存在感があります。木の香りと長い年月の歴史が家を取り巻くといった雰囲気です。和やかな家族団らんを家の歴史が語るように、優しい印象を与えてくれます。引き詰められた石、和のテイストにマッチした外観は素敵です。

地の家

和というテーマの前に石が存在感が目を引きますね。すっきりとしたお庭に和の外観がぴったりですね。堂々とした家の雰囲気が素敵です。歴史を感じさせながら新しい風を入れた家にまた新しい月日が重なっていくのでしょう。

民家再生-築70年の民家の再生

外観を飾っている格子柱が印象的な外観です。ブラウンの壁が引き締まって見えます。和の雰囲気が伝わってくるようで、とても素敵です。

家族と犬がのびのび暮らすパッシブソーラのエコリフォーム

軽井沢という地名は、自然を連想させます。木々に囲まれた家の外観は、とても涼しそうで癒される雰囲気が伝わってくるようです。緑の木々のお蔭で、癒し効果が高く落ち着きがあるように見えます。一度は住んでみたい夢のお家ですね!

018軽井沢Cさんの家

和の外観を眺めると、木々の存在は大きいですね。季節ごとにそう感じます。癒しもそうですが、とても落ち着いた感じに見えるのは不思議な感じがします。日本のお庭は定評があり、安らぎを感じさせてくれるというイメージが強いです。木々の存在は大切ですね。日本の和に相乗効果をもたらす最高のコラボです!

昭和初期の佇まいに暮す

木目調の外観に立派な立木がドンと目の前に見えます。すごく自然な風景は絵になりますね。とても素敵な光景ですし、和の優しい印象が入ってきます。空の夕日を浴びながら、無言になってしまいそうな風景を外観から感じました。

小松島の家 / 「間」に住まう

やはり田舎の風景をそのまま絵に描いたような懐かしさが伝ってきます。和みというか、落ち着きのある安心感は、懐かしい気持ちから抱く感覚がとても新鮮です。こういった縁側のある家は少なくなってきていると聞きますが、ここからいろいろ始まったような形ですね。よくある風景が今の時代になくなりつつあり、これが和の特徴であることを思わせるお家ですね!

懐かしい新しさをつくる 和のリノベーション(木造1戸建てリノベーション)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • LDK-1
  • 洗面所 - バスルーム
  • キッチン(パントリー)
  • 洗面室
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問