2014年11月14日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

あってよかった!インナーバルコニーの魅力

「インナーテラス」や「ガーデンルーム」と呼ばれることもあるインナーバルコニー。簡単に言うと“屋根のあるベランダ”なのですが、これからご紹介するインナーバルコニーは、ただの屋根のあるベタンダではございません。使う人によって無限の可能性を持っている、ちょっと贅沢な空間になっています。ぜひ新しいお家作りの参考にしてみてくださいね。

0 お気に入り追加 41832view

まるでぽっかりと空中に浮かんでいるかのようなインナーバルコニー。
モノトーンで揃えられた空間は、一つの芸術品のようです。

オウチ25・インナーバルコニーの家 (リビングダイニング)

インナーバルコニーに出ると明るい日差しが差し込み、使い勝手の良い空間が広がります。
十分な広さがあるので、お客様を招いてパーティーをすることも可能です。

オウチ25・インナーバルコニーの家

インナーバルコニーの最大の利点は、“プライバシーが確保できること”ではないでしょうか。人目を気にせずゆっくりと寛ぐことのできる空間が持てたら、とても贅沢な時間が過ごせそうです。

南側全て吹抜の家

外の景色すらお家の中にあるかのような感覚になる、大きなガラスが特徴的なインナーバルコニー。移ろいゆく季節を眺めるも良し、読書をするのも良し、お友達を招いてお茶をするのにも、きっと素敵な時間にしてくれることでしょう。

緑と風と光の家

日々の生活の中で、必ずすることの一つと言えば洗濯です。毎日お天気が良く、日光のもとで乾かすことができたらベストですが、梅雨もあり、湿気も多い日本ではなかなか上手くはいかないもの。生活サイクルの関係で夜干しする方も、春や秋に花粉症で悩む方も、インナーバルコニーならお天気や風向きを気にせず洗濯をすることができます。

CASA Y フルリノベーション

子供部屋から続くインナーバルコニーは、開放感あふれる明るい空間作りのお手伝いをしています。インナーバルコニーは外部からの視線が気にならない作りになっているので、勉強や趣味に集中する子供たちにも、良い効果が得られそうです。

積窓居 Show Window House

インナーテラスのあるリビングは使い方によって、色々な表情をみせてくれます。ガーデンルームという別名の通り、緑を飾っても良いアクセントになりそうです。リビングにインナーテラスをもってきた結果、窓が沢山ある明るいリビングになっています。

リビングのデザイン・いろいろなあり方


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • まとまった壁面収納とウォークインクローゼット
  • プライベートサロン
  • エントランス詳細
  • リビングダイニング
  • 4mステンレス無垢坂アイランドキッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問