2017年03月23日更新

おしゃれな部屋事例(アウトドア)

インナーテラスって何?メリット・デメリットとおしゃれな事例

雨が降ると憂鬱。そんな主婦は私だけではないはず。子どもが増えれば洗濯物もたくさん!雨だと洗濯物が乾かない上、干す場所にも困りますよね。そんな時、やっぱりインナーテラスが欲しいなぁ、なんて思いませんか?今回は、インナーテラスのメリットや、雨の日も快適に過ごされているお家特集です。

1 お気に入り追加 26624view

インナーテラスとは?そのメリットとデメリットは?

テラスというと普通屋外にある地面より一段上がった部分のことを指しますが、インナーテラスとは家の中、または半屋外空間にあるテラスのことを指します。

室内とはまた違った、屋外の感覚を味わいながらも外気や天候に影響されない快適スペースを実現させてくれるのが魅力です。たっぷりと自然光が差し込む空間にしてあげることで、冬でも暖房いらずの暖かな場所をつくることができます。

雨や風の影響を受けないので、室内干しの場所としてもうってつけです。テーブルや椅子を出してやることで居心地の良いカフェのような空間にもなります。

ただその一方でやはりデメリットもあります。一つは、テラス部分に屋根がある訳なので施工費が屋外のテラスと比べて高くなってしまうこと。インナーテラスを設けたい場合は、外部に面した部屋をインナーテラスとして転用するという考え方の方が、インナーテラスを付け足すという考え方よりコスト的に優れていると言えます。もう一つは、インナーテラスを作る場所を間違えるとせっかくのインナーテラスも日常的に使われないもったいない場所になってしまうことです。リビングとつながったインナーテラスなら日常的に使われることが多くなりますが、浴室やトイレなどに隣接する場所に設けてしまうと使い方がなかなか見つかりにくいかもしれません。

では、インナーテラスのメリットとデメリットを押さえたところで、上手く取り入れた住宅・マンションの事例を10件ご紹介します。

十分な広さのインナーテラス

花を育てる庭が欲しいという要望で造られたインナーテラスですが、十分な物干しスペースもあります。開口部はありますが、よほど横殴りな雨でなければ濡れる心配もなさそうです。周囲に家が多ければ、洗濯物はちょっと隠れた場所に干したいですよね。そんな場合にもインナーテラスはよさそうです。

> この住宅のすべての情報を見る

風通しの良いテラス

洗濯物を干すスペースとして最適な場所にあるインナーテラス。2階の端に作られたスペースなので、リビングにお客様が来ても見えない位置にあります。天気が良くても雨でも干せる、こんなスペースが家にあると本当に便利です!

> この住宅のすべての情報を見る

お部屋だった部分をインナーテラスに

リノベーションの際に、新たにインナーテラスをつくりました。このテラスは光や風をLDKに取りいれるだけでなく、プライバシーのある庭として色々な使い方ができる優秀スペースに。もちろん洗濯物を干すスペースとしても十分にあります。

> この住宅のすべての情報を見る

空気が循環するテラス

上部が格子状になっており空気が循環するこちらのテラスは、洗濯物を干すスペースも十分。窓を閉めれば、どんなに激しい雨でも洗濯物が濡れることはありません。部屋との仕切りを閉めれば、洗濯物の湿気も室内にはこもりません。

> この住宅のすべての情報を見る

外部にテラスを設置できない代わりのインナーテラス

中央に設けた吹き抜けから光を取り入れ、スキップフロアで繋いだ都市型住宅。両側を家に挟まれており、外部にテラスを設置できない分、インナーテラスは必須ですよね。吹き抜けで高さもあるので、長いタオルなども干しやすそうです。

> この住宅のすべての情報を見る

見晴らしの良い広々としたスペース

見晴らしのよいインナーテラス。こんな広いスペースがあれは、シーツなどの大物でも干せそうです。雨の日でも風さえあれば、ある程度洗濯物は乾きます。洗濯物同士の間隔を空けて干せるスペースはやはり魅力的ですね。

> この住宅のすべての情報を見る

バーベキューもできる広さ

人が集まればバーベキューパーティーもでき、雨の日は広い物干しスペースになります。
こんなリビング兼テラスには憧れちゃいますね。日差しはたっぷり入るので、こちらに洗濯物を干しておけば、突然の雨の心配もせずに外出できます。

> この住宅のすべての情報を見る

光が燦々と降り注ぐインナーテラス

リビングと隣接した、光が燦々と降り注ぐ明るいインナーテラスです。テーブルと椅子を出してやることで、居心地の良いカフェのテラスのような空間がお家の中で実現しました。風通しもよく、一年中気持ちの良い場所に違いありません。

> この住宅のすべての情報を見る

コンパクトなマンションの一室のインナーテラス

こちらは、ご夫婦で住む中古マンションをリノベーションした事例です。ダイニングに隣接するかたちで、もともとの間取りから切り取るようにインナーテラスを設けています。ダイニングとはガラス戸で仕切られているので開口からの自然光が遮られることはありません。

> この住宅のすべての情報を見る

中古マンションをリノベーションして

こちらも二人暮らしの新生活のために中古マンションをリノベーションした事例。白を基調とした清潔感のあるインテリアとマッチするようなハンモックが吊るされていて、天気の良い日には気持ちよく日向ぼっこができそうですね。

> この住宅のすべての情報を見る

バスルームにあるインナーテラス

お風呂に入るのが大好きな夫婦の住まいです。
バスルームは、思い切り贅沢にリビングのようなゆったりとした空間。
洗い場としてのシャワーブースと、くつろぐための浴槽を分けました。床は乾きのはやいサイザルとブルーのタイルで仕上げ、バルコニーへ続く窓際のスペースを土間にしたインナーテラスです。

> この住宅のすべての情報を見る

海を眺めるためのインナーテラス

ゆったりと海を眺めるためのインナーテラス。
床は明るいタイルを貼り、壁と天井には無垢の板材で仕上げました。LDKのフローリングには国産のナラを採用したりと、家族の成長と共に自然素材の経年変化も楽しむ住まいです。

> この住宅のすべての情報を見る

贅沢な吹き抜けのインナーテラス

湾を望む高台の住まいです。
2階のLDKで海を一望できる眺めを楽しみ、1階のインナーテラスでは贅沢な吹き抜けの光と風を感じる癒しの空間です。

> この住宅のすべての情報を見る

ベランダをリノベーションしたインナーテラス

ご実家の2階を、若夫婦の住まいへリノベーションした2世帯住宅。
もともとベランダだったスペースをインナーテラスにして第二のリビングにしました。
テーブルとチェアやグリーン、インテリア小物を置いて、バーベキューやティータイムを楽しんでいます。

> この住宅のすべての情報を見る

別荘のインナーテラス

柱で床面を支えている高床式の平屋住宅です。
ゆるやかなスロープを上るとエントランスがあります。
S字型に建てられた家の凹んだ部分をインナーテラスとしました。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

hatamama8さん

『帰ってきたくなる家』を目指して。

最近お気に入りされた写真

  • 玄関-外
  • 寝室1
  • 1F洗面室
  • 外観夕景
  • 富津リゾート・ヴィラ

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。