2016年09月08日更新

インテリア(植物/グリーン)

部屋に適した「観葉植物」を上手に取り入れる

おしゃれなインテリア雑貨でコーディネートするのもいいですが、そこに植物があるだけ空間に生き生きとした雰囲気を与えてくれます。観葉植物を上手に取り入れて、お部屋に彩りをプラスさせましょう。


どんな場所でもOK。日当たりの悪い室内でも育つ植物。

お部屋に観葉植物を取り入れたいけれど、日当たりが悪いからと諦めている方に朗報です。日当たりが悪くても大丈夫な観葉植物も実は多く「ゴムの木」はその代表格。日当たりが悪すぎると葉の色は薄くなりますが、それでも次々新葉を出しますよ。落ち着いた雰囲気の木なので、寝室や玄関などにお勧めです。

出典:dengarden.com

「アジアンタム」も日当たりを選ばない植物の一つ。シダ科の植物なので日陰を好み、水回りで湿度が高めなキッチンにお勧めの植物です。一つあるだけで清涼感がでて華やかなになります。

出典:listsy.co

初心者にも育てやすい「ポトス」は、吊るすか高い場所においてツルが広がるのを楽しんでください。もちろん日当たりが良いとぐんぐん成長しますが、日陰でも成長が遅いものの、ちゃんと成長してくれます。

出典:freundevonfreunden.com

多肉植物は環境を選びません!

「サンスベリア」は、水やりも少なめで日当たりが悪い場所でもよく育ちます。空気の浄化作用もあるのでお部屋に置くといい植物です。緑が濃く存在感がある植物なので、おしゃれな鉢植えに入れて、インテリアの一部として楽しむのもいいですね。

出典:brit.co

多肉植物は寄せ植えをして、玄関やトイレ、洗面所などの小さなスペースに置くのがオススメです。生活感が出がちな場所ですが、多肉ガーデンがあるだけで素敵な空間がつくれます。

出典:tokyosanpopo.tumblr.com


この記事を書いた人

cucumberさん

築25年の鉄筋コンクリート住宅に住んでいます。大事に長持ちさせる方法を考え日々暮らしています。

最近お気に入りされた事例写真

  • see saw08
  • 木製引戸
  • 外観デザイン夜景
  • 大きな庇と大きな開口
  • E棟外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…