2015/12/13更新1like3969viewMeru

アレンジ色々!イルミネーションライトで作る大人空間

「イルミネーションライト」と言えば、冬の時期に木や柱に巻きつけて使うのが一般的ですが、アレンジ次第では普段からインテリアに活用することができます。小さな明かりがたくさん寄り集まって照らす空間はとてもロマンティック。そんなイルミネーションライトを使用した大人インテリアをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

天蓋と合わせる

小さく細かな明かりは、天蓋のレースを一枚重ねることでふわりと柔らかな明かりに変わります。夜に灯すと星空のようでとても綺麗ですよ。天蓋がエレガントな分、ベッドカバーはシンプルなものやアジアンテイストのものなどを使うと甘くなりすぎなくなります。

ベッドルームでさりげなく

もっとさりげない使い方をするのなら、ベッドの頭上の壁に一本だけ取りつけるのもシックで素敵です。特にアクセントウォールなどと組み合わせると、ベッド周りの雰囲気が一層引き立ちます。

出典:pinterest.com

ガラスに反射させる

鏡や窓際にライトを寄せて飾ると、ガラスに光が映って綺麗ですよね。こちらのようにソファ周りにイルミネーションライトを灯すと、リビングがより癒しの空間になります。

出典:wordpress.com

廊下も素敵空間

廊下の天井から下げたり自転車に巻きつけたりと、イルミネーションライトをふんだんに使用した空間です。基本的に家具や壁を白で統一しているので透明感が出て大人っぽい印象です。

出典:bloglovin.com

リビングの照明

リビングの照明としてイルミネーションライトを使用しています。あえて飾り気のない板にライトを施すことで、ナチュラルな雰囲気になり、ほっこりとしたリビングのインテリアにも馴染んでいます。

ハシゴに絡める

最近はハシゴ型のラダーシェルフが人気ですが、そういったものをライトの土台として活用することもできます。一般的なフロアライトを置いても素敵ですが、あえてイルミネーションライトを使うことでインテリア上級者のような仕上がりにしてくれます。

まとめて瓶に入れる

イルミネーションライトをワインボトルやガラスドームの中に入れると、スタンドライトの代わりになります。一つ一つの光が弱いので、まとめても眩し過ぎるということはありません。

シェードでかわいく

イルミネーションライトに小さなシェードを取り付けると、こんなにかわいいライトに大変身です。折り紙で作ったケースを被せたり、自分なりに工夫したシェードを利用する人も多いようです。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る