2015年02月11日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

IKEAのシェルフユニットは、スウェーデンではこんな風に使われています!

イケアのKallaxシリーズ(以前はExpeditシリーズだった名称がマイナーチェンジに伴い変更されました)はシンプルな四角いシェルフユニット。その機能性と万能性の高さから世界中での人気を誇ります。そのマス目は吹き抜け構造になっているため、壁にくっつけて置けば普通の棚、部屋の真ん中に置けば間仕切り兼収納棚として活用できます。また、インサートして使う引き出し等の種類も充実しているのでアイディア次第でさまざまな用途に使えます。
そこで今回はイケアの本場、スウェーデンで用いられている部屋をご紹介します。

0 お気に入り追加 12561view

こちらは子供部屋のシェルフユニット。
インサートの引き出しはイケアのものではないですが、動物たちの口の部分から中身が見えて分かりやすいので、お片づけが一人で早く進みそう。

styleroom

出典:styleroom

シェルフユニットをクローゼットの洋服入れとして活用しています。Kallaxシリーズは奥行きがあるので沢山の洋服を収納できます。洋服の特徴に合わせてバランスよく収納すれば、まるでブティックのようなシェルフユニットに仕上がります。

styleroom

出典:styleroom

こちらは靴とバッグのシェルフユニットです。見せる収納と便利な収納、両者において成功!といった感じですね。

styleroom

出典:styleroom

シェルフユニットを暖炉用の薪の収納に使っています。その風貌はまるでオブジェのよう。

styleroom

出典:styleroom

シェルフユニットをリビングの間仕切りとして使っている例です。
テレビの横に配置して…そして裏にはなんとベッドが!
というのもこちらのお宅は広さがたったの22.3㎡。色々工夫を施し行きついたのがこのスタイルでした。

styleroom

出典:styleroom

こちらがシェルフユニット裏のベッド。

styleroom

出典:styleroom

こちらはキッチンとダイニングの間仕切りに活用しています。
シェルフユニットの左右に色の異なるラグマットを敷くことで、間仕切りとしての機能が強調されています。

styleroom

出典:styleroom


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • ワークスペースから和室・ダイニングキッチンへ
  • ホール
  • トイレ
  • 建具
  • ガラスブロック沿いの動線

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問