2015年02月11日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

「IKEAとURに住もう。」 団地リノベーション、その魅力にせまる

2月10日 URとIKEAが記者発表を行い、これまで神奈川県や埼玉県の一部で実施していた共同事業を、愛知、福岡を加え募集開始することを発表しました。エリア拡大にあたり、両社はコンセプトに「サステナブル・リビング」を掲げ、URの住戸バリエーションとIKEAの多彩な商品バリエーションを使用し、新しいライフスタイルを提案するという。つまり、URの古い団地をIKEAのキッチンや壁紙、床材、家具を使用して、リノベーションをして、URの空室率改善をするという試みです。

ではさっそく、IKEAプロデュースのUR賃貸のモデルルームを見てましょう!


UR虹ヶ丘 (床面積49平米、2DK、神奈川県川崎市、家賃79,500円)
ダイニングキッチンはパープルとグリーンを基調にポピュラーモダンな空間に仕上がっています。
IKEAがカラーコーディネート、家具、テキスタイル、アクセサリーを担当し、URが改修工事を担当しています。

リビングルームはもともと、押し入れであったスペースをパープルを基調としたウォークイン・クロゼット。

UR豊明 (3DK、49.03平米、愛知県豊明市)
白いキッチンにカラフルな色を取り入れたモダンスカンジナビアンスタイルでコーディネートされた物件

キッチンダイニングは、白を基調に赤をアクセントカラーとしたコーディネート

URアーバンラフレ志賀 (1LDK、47平米、名古屋市北区)
自然な風合いを生かした北欧ナチュラルテイストのコーディネート

キッチンはIKEAの大きめのキッチンを採用

URグリーンアベニュー谷塚 (3LDK、69平米、埼玉県草加市)
夫婦二人暮らしをイメージしたシックで落ち着いたモダンスタイル。

和室を北欧風のIKEAの家具とコーディネートし、ナチュラルな印象の和室となっています。

UR都市機構「イケアとURに住もう。」

出典:UR都市機構「イケアとURに住もう。」

今まで団地というイメージは、なんとなく古くて住みにくいというイメージがありましたが、このようにプロにコーディネートしてもらうことにより、大きく価値が変わるということを実感です。(出典:UR都市機構「イケアとURに住もう。」)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 赤坂の家 廊下
  • 赤坂の家 キッチン
  • 奥行きのある玄関・土間スペース
  • スタイリッシュなLDK-障子戸open
  • 洗面室よりリビングを見る

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問