2016/08/23更新1like5618viewhypericum

技あり!おすすめの収納実例

ミニマムな生活がクローズアップされていますが、だからと言って収納家具が不要というわけではありません。しかし、収納家具を減らすことができれば、結果的にお部屋を広く使うことができるようになります。そこで今回は、収納家具を減らすための「技あり!」な造り付け収納をご紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてください。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

階段の壁面収納

階段脇の壁面収納の棚板に階段と同じ板材を使うと空間に統一感がでます。設計の段階で、階段の壁面を収納として確保しておけば、階段幅が狭くなることもありません。

小上がりを利用した収納

小上がりを造るなら、ぜひ取り入れたい収納です。座布団やラグなどの収納場所にもぴったりですね。キャスターを取り付けておけば、奥行きのある引き出しでも出し入れが楽チンです。

階段の段差を利用した収納

階段の段差一段一段に引き出しが設置されています。収納はたくさんあるに越したことはないので嬉しいアイデアですね。

玄関の床下収納

意外と収納したいアイテムが多い玄関。シューズボックスを増やすと玄関が狭くなってしまいますが、床下を利用すれば家具を増やさずともすっきり片付きますね。

壁の厚みを利用した収納

間仕切りとして設置した壁の厚みを利用した収納です。上部は室内窓、下部は収納棚になっています。

小物収納

ドアの開け閉めを考えると、棚などの家具を置くことができない場所ですがニッチなら可能ですね。扉付きなので見た目のスッキリしています。

廊下にある収納

廊下には、あまり奥行のない薄型の収納がぴったりです。造作棚にすることで、むだなく空間を活用できます。
「技あり!」な収納実例をご紹介しましたが、いかがでしたか?「そんな場所に収納が?!」と驚きのアイデアばかりですね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る