2014年09月15日更新

注文住宅(HOW TO)

囲まれていても光を諦めない家づくり

住宅密集地や限られた大きさの狭小地の建築では、隣家や道路からの視線が気になり、そちら側に窓を設けられない事があります。
かといって光を諦めて電気だけに頼ったり、明かりを取り入れるための様々な工夫が施されています。


住宅密集地に建つ、両側を挟まれた家です。

MS-House (外観)

窓の所で目隠しをせず、テラス部分で目隠しをすることで部屋に広がりを感じさせ、テラスから光が入るように工夫されています。隣家に接する部分はしっかりと目隠しされていますが、テラスの前面と床部分は格子状になっていて、そこからも風や光が入るようになっています。

MS-House

三方を接近した住宅で囲まれていますが、前面に大きな窓や横長の窓を沢山取っています。

南千束の家 (外観)

三方を囲まれていると思えないぐらい、光が沢山入っている明るいリビング。

南千束の家

頻繁に車が往来する道路と、接近した隣家に囲まれた狭小地の住宅。
横の道路側は、あまり視線が気にならないような細長い窓が沢山設けられています。

代沢の住宅 / 11坪の店舗付住宅 (外観)

上からも横からも光が入る、明るいリビングダイニングキッチン。

代沢の住宅 / 11坪の店舗付住宅

両隣が接近している、13坪の狭小地に建てられた家。

玉津の住宅 / House in Tamatsu (北側外観)

ユニークな形で大きく取られた窓から、光が沢山入ってきます。
壁が白いと光を反射してより一層明るく見え、部屋が広く感じる効果もありますね。

玉津の住宅 / House in Tamatsu


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 寝室
  • 赤坂の家 廊下
  • 赤坂の家 バルコニー
  • ファミリースペース
  • 洗面

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問