2014年07月29日更新

おしゃれな部屋事例(アウトドア)

世界のテラスでの過ごし方

テラスと一言でいっても日常生活においては、テラス、ベランダ、バルコニーと屋外空間を区別することなく使うことが多いですね。
厳密に言えば、言葉の起源からくる使い方の違いはありますが、今ではしっかりとした区分けを必要としてないのもまた事実です。
昔から世界中でテラスが愛される理由はほぼ同じ。屋外でありながらも外界から距離があり、家族や隣人と安心してプライベートを保守することができ、また健康的に自然と寄添えるということにあります。
昔でいえば調理場として、仕事場として、または庭、遊び場、リビングのようなくつろぎの場として生活の大切な必要要素でした。それぞれの国の風土や文化に合わせ、テラスのスタイルは個性を発揮しています。いくつかの例をご紹介致します。


〜フランス・パリのテラス文化〜

フランスに限らず多くのヨーロッパ建物はテラス文化というよりもパティオのような地上の中庭を好みました。そこでは家族や隣人のコミュニティを重んじ、区画ごとに市民文化を高めていく大事な拠点でもありました。

美しい町並みのパリ市街の小さなテラスは、何かそこで活動できるような場所というよりは、ちょっとカフェを一杯、あるいは新聞を読む程度の小さな空間で、ある意味ファサード重視のデザインの一部でありとても装飾的でした。住民のためというよりは言わば街のための統一された建築要素の一つです。

flickr.com

出典:flickr.com

〜モロッコの開放的なテラス文化〜

砂漠地帯としての風土から、またアラブ諸国としての文化や歴史が色濃くテラスのスタイルに影響しています。
趣のある外壁に青い空、清潔な敷物やクッションとモチーフは至ってシンプルなものにも関わらず、思わず長居してしまう魅力ある空間です。
洗濯物が干され家事の合間の一息つく休息空間ですが、少し前まではイスラム教の厳しい戒律により女性にとっての唯一の屋外社交場でした。確かにメディナのもつ複雑で難解な街並みとは違って、テラスに上がると女性的な柔らかい印象を与えているのはその所為も知れません。

flickr.com

出典:flickr.com

pinterest.com

出典:pinterest.com

pinterest.com

出典:pinterest.com

〜メキシコのテラス文化〜

発色の良いカラフルな外壁が印象的なメキシコの住宅。ヨーロッパともアラブ文化ともまた一風変わった風土色がテラスに現れます。独特な建築スタイルとパステルカラー、そして涼しげなプールを合わせもち絵画のように美しいテラスです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

〜日本のテラス〜

日本のテラス文化といえばもちろん、縁側。半屋外とも、半屋内ともとれる曖昧な「間合い」というのはここ日本独特の文化です。これもまた四季折々の気候に合わせ進化をしてきたスタイルであり、長い間、屋内廊下を持たずに生活してきた私たちの暮らしにそっと馴染む空間です。今では様々なスタイルに変化しながらも参照され、愛される空間の一つです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

flickr.com

出典:flickr.com

pinterest.com

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン1
  • ワインセラーのある階段下収納
  • 畳下収納
  • キッチン4
  • サニタリー

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問