2014年11月03日更新

おしゃれな部屋事例(バス/トイレ)

トイレにこだわってみませんか?

トイレって意外と皆さん、こだわりが少ないように思います。
最近のトイレはいろんな機能が備わっていて、重視して欲しい点でもあります。


例えば、今までのトイレは一回レバーを回すだけで、8リットル、種類によっては10リットルもの水を流し、温水便座だとしたら常に待機電力がかかっている。そんな「無駄遣い」が非常に多かったのです。

新機種を見ていると「ECO5」などという言葉を目にします。つまりこれは5リットルの水で洗浄しますよ、ということ。従来のものと比べると3リットルも節水が進んでいます。さらに、使わないときやトイレ内に居ない時には節電モードになったりと、ECOな製品になっています。

 またメーカーや機種によって、便器の種類が違うこと知っていますか?
TOTOやLIXILなどの商品は、便器が陶器製になっており、例えば便座(機能部)部分が壊れてしまったとき、便器はそのまま、便座(機能部)の交換で済みます。便座(機能部)と便器はタンクレストイレでもほとんどの製品が、分かれており、便器の性能が良いものだと半永久的に使用することができます。

TOTO、LIXIL(INAX)はやはり大手、というのもあり、昨今のトイレの進歩でも素晴らしい進化を遂げています。中でもTOTOのトイレは同じ陶器製便器のLIXIL(INAX)よりも重厚感があり、便器の重みが違います。LIXILの便器は光沢があり、メンテナンスのしやすさも売りの一つです。

ほとんどの場合、温水便座をつけるわけですが、これも電化製品の一種。
経年や使う頻度により、壊れることもあります。そんな時、便器のグレードが良い物だと便座部分の取り換えのみで済み、長い目で見ると、やはりこだわったトイレが良いと言えますね。

リフォーム・リノベーションを行う際には、トイレにもこだわりの目を向けてみてください。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 駐車場からテラスをみる
  • ファイバーグレーチングで耐震補強の子供室
  • 2階から階段を見下ろす
  • 玄関引き戸
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問