2014年11月21日更新

インテリア(家具) , インテリア(カラーコーディネート)

How to 1人暮らしのワンルームが広く感じる!5つのポイント

ワンルームの1人暮らしは、ベッドやテーブル、ソファなど、色々なアイテムが一か所に集まってなんだか狭く感じませんか?
そんな悩みをちょっとした工夫で解決できる、5つのポイントをご紹介します。


Step1:色の数を絞ります

部屋のベースとなる基本のカラーを決めましょう。
色は情報です。色の数が少ないほど、すっきりとした印象になります。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ベースカラーの白とアソートカラーの水色を基本色としたまとまりのあるスタイリングです。
赤や黄色もアクセントカラーとして差し込まれていますが、白の面積が広いので、すっきりとした印象を受けます。

apartmenttherapy.com

出典:apartmenttherapy.com

Step2:抜け感をつくります

視線を遮らず奥まで見渡せる空間を作りましょう。

pinterest.com

出典:pinterest.com

家具はできるだけ低めのものを選び、壁際に配置しましょう。
部屋の上部と中心に空きスペースをつくることで、奥まで見通せるすっきりとした空間がつくれます。

smokingdesigners.com

出典:smokingdesigners.com

Step3:全体の雰囲気とは異なるアイテムをあえてプラスしてみます

限られた空間では、同じテイストのアイテムばかりに囲まれると少しトゥーマッチな印象になってしまいます。そんな時、あえて素材もテイストも異なるアイテムをプラスすると、全体のバランスを引き締めすっきりとした印象に仕上がります。

New Retro ニューレトロ チェア同色2脚組(クリア)

シンプルなファブリックソファと木のリビングテーブルに、エレガントなアクリル製のサイドテーブルをコーディネートしたスタイリングです。ナチュラルな雰囲気の中に硬質な印象のアイテムが1つあることで、空間にほど良い緊張感が生まれています。

designsponge.com

出典:designsponge.com

Step4:姿見をおきます

姿見を1つ置くだけで空間に広がりが生まれます。

スアイ ミラー(ixc)

プレーンなデザインの大きな姿見が印象的なスタイリングです。
姿見に部屋が映り込み、まるでもう1つ向こう側に部屋があるようです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

Step4:部分照明を活用します

照明は、必要な箇所だけを灯す部分照明がおすすめです。

K TRIBE T1 テーブルランプ(ixc)

テーブルランプやフェアリーライトなど部分照明を上手に活用したスタイルです。
部屋に陰影ができ奥行が感じられます。

ameblo.jp

出典:ameblo.jp

いかがでしたか?
すべてを実践しなくても、どれか1つ取り入れるだけでこれまでとは少し違った毎日を送れるかもしれません。自分だけの空間を、もっと素敵に居心地の良いものにして下さいね。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 20畳のリビングダイニング
  • リビング
  • 柱を利用したキッチン収納
  • リビング
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問