2015年04月30日更新

インテリア(スタイル)

真似してみよう!ホテルライクなブルックリンスタイルの家

”ブルックリン”とは、ニューヨークにある5つの区(マンハッタン、ブロンクス、ブルックリン、クイーンズ、スタッテンアイランド)のうちの一つです。マンハッタンから南東の方向に位置するブルックリンは、大阪市よりも少し大きいぐらいの広さ。一般的に、ニューヨークというと想像するのはマンハッタンですが、実はこのブルックリン、5つの区の中で最も人口が多いんです。元来、様々な文化・民族・人種が集う場所とされていますが、最近ではアーティストやデザイナーが多く住んでいることから、オシャレの最先端の街として注目されています。
ブルックリンで暮らすアーティストやデザイナーの多くが、古い倉庫やアパートをリノベーションすることにより自身の住居として利用しています。そんな彼らの住居を模した様式として、”ブルックリンスタイル“が誕生しました。フリマで販売されているようなヴィンテージ家具をレンガ壁が囲う、いかにも無骨な印象のインテリアです。

今回は、このブルックリンスタイルのお部屋の数々をご紹介していきます。


黒板と形状の異なる椅子たち

古い工場の食堂を思わせるようなダイニング。
ブルックリンスタイルの特徴の一つに黒板を取り入れるというものがあります。また、ダイニングテーブルを囲う椅子は、ニュアンスを揃えるだけで、一つとして同じ形状のものを用いないのもブルックリンスタイルならではかもしれません。

brightbazaarblog.com

出典:brightbazaarblog.com

レンガ壁に囲われた浴槽

レンガの壁や吹き抜け、古びた浴槽が印象的です。レンガ壁による赤とのコントラスト付けとして、グリーンを多く取り入れるのもブルックリンスタイルの特徴です。

domainehome.com

出典:domainehome.com

収納にはロッカー

高い天井にレンガの壁が典型的なブルックリンスタイルの部屋。棚の代わりにロッカーを使っているのが工場風で無骨な感じです。

bloglovin.com

出典:bloglovin.com

ブルックリンスタイルは粗いからいい

こちらはグラフィックデザイナーのお部屋。本人の一番のお気に入りが、ガタガタで隙間だらけの床だそう。隙間に鍵やクレジットカードや携帯なんかを落としてしまうリスクはあるけれど、それでもヴィンテージ感のある床が味を出していてお気に入りだそうです。

designsponge.com

出典:designsponge.com

無骨さと繊細さのコラボレーション

打ちっぱなしの天井、のびのびと育っているグリーン、古そうだけど手入れのされている家具に机の上にきちっと置かれている小物類。無骨さと繊細さが共存するブルックリンスタイルではないでしょうか。

freundevonfreunden.com

出典:freundevonfreunden.com

モダンなブルックリンスタイル

こちらはニューヨーク市の都市計画部門のチーフ設計者の方のお宅。リノベーションにより、レンガ壁を生かながら、それでいてモダンなブルックリンスタイルの空間に生まれ変わりました。

pinterest.com

出典:pinterest.com

天井の高さを活かした本棚

本が多く見受けられるのもブルックリンスタイルの特徴。本もインテリアの一部として、本棚やテーブルにすっきりと置かれています。

refinery29.com

出典:refinery29.com

実際にレンガを用いた壁を立てずとも、レンガ柄の壁紙を貼り付けることで、お部屋をブルックリンスタイルにデザインできます。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム1
  • 外観
  • ナチュラルテイストのダイニングキッチン
  • 使い勝手の良い収納スペース
  • 洗面

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問