2016/07/15更新0like3742viewNaomi.Spring

憧れのホテルライクインテリア。7つのコツでお部屋が変身!!

無駄のない洗練されたホテルインテリア。モノが増えてしまいがちな住まいで実現するのは難しいと思われがちですが、ちょっとしたコツを取り入れるだけで、ホテルのような上質感のある部屋を実現できます。あなたもお気に入りのモノだけを集めたおしゃれ空間を手に入れませんか?

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

高級感の鍵は「シンメトリー」配置

ナチュラル素材で素朴な雰囲気を醸し出しながらもスタイリッシュな印象に仕上がったベッドルーム。その秘密は、シンメトリーに整えられたインテリアの配置です。シンメトリーは「安定感」を与えてくれます。落ち着いた空間を実現したいのなら取り入れたいテクニックです。

ベッドメイキングは必須条件

クラシカルな内装に、清潔感のある白で揃えられたベッドファブリックが洗練された印象を与えます。しわを延ばして整えられたベッドもホテルライクに仕上げるコツ。また、参考事例のように「クラシカル」とテーマを決めたら、他のテイストのものは一切置かないこともポイントです。同テイストのものだけを見える状態にすることで、統一感のあるホテルライクインテリアに近づきます。

フットベンチやベッドスローを取り入れる

ベッドの足元にある椅子のようなもの、気になりますよね。こちらはフットベンチと言い、もともとは靴を脱ぐ習慣がない海外で足置きとして使われていたもので、高級ホテルなどで見かけることの多いアイテムです。このフットベンチや足元にベッドスロー(足元の長めの布)をプラスするだけでも洗練された空間になります。

ディスペンサーボトルを活用する

ホテルライクなインテリアを実現しやすいスペースのひとつにバスルームがあります。生活感が出やすい場所であるだけに難しく感じますが、ポイントをおさえることで洗練された空間に仕上がります。参考事例のようにハンドソープをディスペンサーボトルに詰め替えたり、目に見えるものに関しては統一感のあるアイテムを選ぶことが大切です。

生活感が出るものはまとめてバスケットに

生活感が出てしまうアメニティグッズはバスケットにまとめるのがおすすめです。タオルやディスペンサーボトルなどはブランドを決めて統一することで、憧れのホテルライクインテリアに仕上がります。

バスルームは余裕を持った空間活用を

白で統一されたスタイリッシュなバスルーム。鏡の後ろは収納になっているので、生活感の出るものは全てこちらに隠すことができます。モノが増えてしまいがちなバスルームにしっかりと収納を備えておけば、お気に入りの雑貨やオブジェを飾るなど余裕をもって空間を活用することができますね。

同メーカー、素材、カラーを揃えてタオルにもこだわる

デザインやカラーが異なるタオルはホテルライクインテリアには向きません。素材やカラーを揃えることはもちろん、同メーカーの上質なタオルを取り入れることでラグジュアリーな空間に仕上がります。
ホテルライクインテリアいかがでしたでしょうか?モダン、クラシカル、和モダンなどホテルライクと言っても様々なテイストがあります。ぜひあなた好みのスタイルで、ホテルライクインテリアを取り入れてみてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る