2015年11月22日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

寒い冬はお家でほっこり温まろう♪ - こたつのある風景 -

日が短くなり、徐々に寒い季節になってきました。そんな時は、早くお家に帰って温まりませんか?エアコンやヒーターを使うときもありますが、やっぱり「ほっこり温まる」という表現がふさわしいのは「コタツ」ですね。
中でも人気の足を延ばして座れる”掘りごたつ”のある事例をご紹介します。


おうちでほっこり”掘りごたつ” 家族みんなであったまろう★

リビングの横に作った小上がりに掘りごたつとPCスペース。コンパクトな空間ながら多機能です!パソコンをするお父さんの傍らで読書をするお母さん。そして掘りごたつで宿題をする子どもたち等、家族みんながこのスペースに集まれば、家族の距離も一気に縮まります。

マンションリノベーション・リフォーム事例「LDKと一体感のある畳スペース」

リビングとキッチンの間に設けられたこのスペース。冬は家族みんなで鍋を囲んでダイニングスペースに・・、ゆったりくつろぐリビングスペースにと、その時々に合わせて色々な用途で楽しめます。畳なのでゴロンと横になれるメリットも!ここから動きたくなくなりそうですね。

マンションリノベーション・リフォーム事例「circle」

大きなダイニングテーブルは、季節を問わず大人数で食卓を囲むのにピッタリです。掘りごたつなら椅子が要らないので何人でも一緒に座れますよ。

建築家:丸山耕平建築設計事務所「南流山の家」

注文住宅事例「南流山の家」

六面ヒーターが内蔵された掘りごたつ。リビングスペースにあるので自然と家族が集まってきます。

注文住宅事例「中百舌鳥の家」

掘りごたつ状になったテーブルの横には、大きな薪ストーブが!テーブルにコタツ機能を設けなくても、ストーブのような暖房器具を使ってコタツのような効果が出せます。しかも、空間全体が温まるため「こたつむり」になってコタツから出てこない&こたつで寝てしまう心配はありません。

注文住宅事例「練馬の住宅 / 様々な場所とお互いの距離感を楽しむ住まい」

普通の掘りごたつかと思いきや、実は床暖房仕様になっている掘りごたつです。そのため、こたつ布団は無くても足元はホカホカ。無垢のケヤキで作られた囲炉裏には、鉄瓶が良く似合います。柱の時計も囲炉裏の雰囲気にピッタリですね。

戸建リノベーション・リフォーム事例「囲炉裏のある家」

眺めを楽しめるようにたくさんの窓を並べた別荘タイプのお部屋。コタツ周りは板張りですが、その周りは畳敷になっているのでゆっくり横になることもできます。

別荘事例「熱海・自然郷の家」


この記事を書いた人

lin_womanさん

家づくりの好きな兼業主婦です。

最近お気に入りされた写真

  • 造成された高台に存在するので景色を眺める事が出来る
  • そうの家 ダイニング
  • リビング
  • 全体を眺める
  • ダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?