2016年07月20日更新

インテリア(スタイル)

お部屋にプラスしたい、低コストでできる北欧エッセンス

憧れの北欧のインテリア。洗練されたデザインは、和の感覚にも共通するところがあり、日本人である私たちにも親しみやすいですよね。しかし、北欧雑貨は高価なものも多くて手に届かないと諦めがち。今回は、低コストでも十分おしゃれに空間を飾ってくれる北欧エッセンスをご紹介します。


こんな素敵な北欧ブルーのお部屋に住みたい!

北欧ブルーといえば、映画「かもめ食堂」の食堂の壁に差し色として使われている、淡く爽やかな青を思い浮かべませんか。
こちらは大きな無垢材のダイニングテーブル、シェード付きの照明、淡いブルーの壁と大きな窓。こんな可愛くて素敵な北欧テイストの部屋は憧れますよね。アクセントウォールとして一面だけの壁紙貼り換えや塗装は、部屋全体をリノベーションするより断然低コストでできます。

みどりのいえ (ダイニング)

北欧ブルーと一言で言っても、ブルーには様々な種類があります。濃いめのブルーを差し色にすると落ち着きのあるモダンな印象に。濃いブルーと白で統一されたインテリア、そこにグリーンを置くと温かみがプラスされます。

nordicdays.blogspot.jp

出典:nordicdays.blogspot.jp

白樺風バスケットで北欧の森感を

フィンランドの伝統工芸でもある白樺バスケット「Tuohikori(トゥオヒコリ)」。
本来は森できのこや木の実を採ったりする時に使うもののようですが、お部屋のインテリアアイテムとしても素敵です。100円均一にも大小様々な白樺風の小物入れが販売されていますよ。

pinterest.com

出典:pinterest.com

Tuohikori(トゥオヒコリ)を花瓶代わりにするのもかわいいですね。そのままではもちろん水は染み出してしまうので、小さな花瓶ごと入れたり、ビニールで覆ったりする必要はあります。森のお花摘みにでも行ったかのような、そのナチュラルさが北欧感につながっています。

pinterest.com

出典:pinterest.com

大きめのバスケットは使い勝手抜群。子どものおもちゃ入れや読書中の本、または洗濯カゴとしてなど、いろいろな場面で使えそうです。

tavaroidentaikamaailma.wordpress.com

出典:tavaroidentaikamaailma.wordpress.com

ストローでできるヒンメリを飾ろう

こちらもフィンランドの伝統工芸hinmeri(ヒンメリ)。麦藁を使ったモビールで、日本でも作り方の本も出ていて気軽に楽しむことができます。本物の麦藁のストローはなかなか手に入らないので、100円均一でも変えるプラスチックのストローを使ったヒンメリを是非作ってみてください。

apartmenttherapy.com

出典:apartmenttherapy.com

窓際に吊るして、光と影を楽しむのも素敵です。複雑な形のヒンメリのストローの影が揺れるのは見ごたえがあります。

ekojohanna.blogspot.jp

出典:ekojohanna.blogspot.jp


この記事を書いた人

cucumberさん

築25年の鉄筋コンクリート住宅に住んでいます。大事に長持ちさせる方法を考え日々暮らしています。

最近お気に入りされた事例写真

  • リビング2
  • リビング1
  • 中庭に面した駐車場(撮影:中村絵)
  • ホームパーティーも楽しめるダイニングテラス
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問