2018/07/29更新3like4226viewSUVACO編集部

平屋 - one life story -

平屋に住むことで得られるものってなんだろう?

条件面のメリット以外に、平屋の暮らしにある豊かさを考えてみました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

平屋のメリット

平屋っていいですよね。

横に広くて、屋根が大きなデザイン。なんとなくだけど、かっこいいものばかりイメージしてしまいます。

何より、ワンフロアだから家事動線もスムーズで楽だし、高齢になっても暮らしやすい。

それから、間取りをつくるときも自由度が高いです。2階建ての住まいは、構造的な理由で、上下のフロアで柱や壁の位置を揃えたり、階段の位置も考慮しないといけませんが、平屋はその必要がないので、思いのままに間取りをプランすることができます。

平屋の思い出

私は平屋というと、おばあちゃんちを思い出します。

よく思い出すのは、家の周りの音がとにかくよく聴こえたなあということ。

朝は小鳥の鳴き声で自然に目が覚めて、気持ちが良かった。

起きて部屋を出ると、朝食のいいにおいがしていて。外を眺めながら食べるごはんは、なぜかいつもよりおいしく感じました。

平屋暮らしの「豊かさ」

平屋暮らしをイメージしたときに、条件面のメリットのほかにもうひとつ、平屋暮らしならではの「豊かさ」があると思います。

それは、「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」五感を刺激される体験があることだと思うのです。
家の中から見渡せる庭。扉を開ければ、すぐ外に出られる。

外と中が同じ高さでつながり、土、光、風。すべてが近くにある。

土のにおい、太陽を浴びてキラキラ光る草。差し込む光が、植物の影をつくる。風でその影がゆれるのを見ながら、いつのまにかウトウト。

おかあさんが料理をする音、子どもがバタバタ走る足音で目が覚める。

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚。五感を満たす暮らしが、平屋にはあります。

つながって切れ目なく続く、ひとつの物語

外が近い、ワンフロアで可能になる横につながる暮らしは、家族それぞれの時間をもつなぎ、切れ目なく続く物語のようです。

家族や外を近くに感じ、連続する時間を感じながら過ごすことができる。

平屋暮らしの良さは、「生き方が変わる」ということなのかもしれませんね。



お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る