2017/05/13更新0like1682viewtonomiya

ヒノキ材とは?その魅力とおしゃれな事例紹介

ヒノキと聞くと、なぜかほっとした気分になるのは、あの香りを嗅いだことがあるからでしょうか。しかし、ヒノキというと純和風で高級住宅を連想させますが、それだけではない、ヒノキの魅力をご紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ヒノキ材の特性を知っておこう!

ヒノキは加工のしやすさ(軽さ・柔らかさ・木目の狂いの少なさなど)で、昔から多くの建物に使われてきました。建てられてから1300年余と言われる法隆寺を支えているのも、多くはヒノキ材だそうです。これを知ると、どれだけ長持ちしてくれるかがよくわかります。

さらに、ヒノキ材に含まれる成分により、白アリに強いなどの防虫効果があるそうです。また、独特の香りにも、リラックス効果や消臭効果があります。

このようにヒノキ材は良い点が多いので、ぜひとも建材に取り入れたいですが、価格が高めなのが、ネックになりそうなところ....そのため、部分使いされることが多いようですね。

ヒノキと言えばやっぱりお風呂でしょ!

ヒノキの香りを存分に生かせるのが浴室です。まずは王道の檜風呂!ヒノキは水にも強いので、こうして浴槽に使用することができるんです。
純和風な浴室にしか使えないわけではありません。
床板をヒノキ材にすることで香りも良く、足触りも柔らかく、十分ヒノキのよさが楽しめます。おしゃれなバスタブとナチュラルなヒノキの床材の組み合わせが新鮮です。
浴槽にヒノキを使いつつ、タイルを使うことでモダンな印象に仕上げています。ヒノキの浴槽にしたくても、ほかの部屋が和風じゃないし....といった悩みは必要ありません!組み合わせ次第で、家全体のイメージと沿うような取り入れ方もできるんです。
こちらの浴室は、壁と天井にヒノキを使用しています。浴室からは坪庭が望め、美しい植栽を眺めつつヒノキの香りに癒される贅沢空間になっています。

リビングにヒノキの力を

ヒノキは、家族が集まるリビングの床材としてもおすすめです。香りのリラックス効果、そして柔らかな肌や足触り、消臭効果も期待できます。また、ヒノキは湿気や水に強く耐久性があるのもポイント。

和風だけでなくヒノキの優しい質感は、ソファやテーブル・イスなどにもマッチするので現代の住宅にもぴったりです。

ヒノキの梁を現して

こちらのお宅は、柱梁にヒノキを使用。耐久性のあるヒノキを構造材にしているので安心です。高級な建材であるヒノキ、構造材として隠してしまわないで現しにすることで存在感を出しています。

素足で駆け上がりたい、ヒノキの階段

ヒノキの素材を生かした厚さ60ミリの階段は、素足で駆け上がりたくなります。純和風のイメージが強いヒノキですが、コンクリート壁とも違和感なく共存しています。
ヒノキ材は純和風だけではなく、組み合わせ次第でモダンな雰囲気になります。昔から建材として重宝されてきたヒノキならではの良さはたくさんあるので、その恩恵をしっかり受けられるように取り入れていきたいですね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る