2016/02/12更新4like9327viewMeru

上品でクラシカルな雰囲気が魅力♪人気の「ヘリンボーン」に注目!

ヘリンボーンとは魚の骨のような模様のことで、洋服の生地などによく見られます。そしてインテリアの世界でも木を組み合わせて造るフローリングの柄のことをヘリンボーンと呼び、上品でクラシカルな雰囲気に憧れている人も多いんです。床だけではなく様々なインテリアに応用できるヘリンボーンで、おしゃれな空間を楽しみましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ヘリンボーンの床

V字型に細い板を組み合わせて模様を描くヘリンボーンの床は、どことなく温かみが感じられるのが魅力です。床がアクセントになってくれるので家具が少なくても自然と部屋がおしゃれに見えるのが嬉しいポイントでもあります。

色の組み合わせで雰囲気が変わる

木の組み方は同じでも色を変えることでまったく違った印象の床になります。濃淡の違う木材同士を組み合わせてもいいですし、事例のように白い板を混ぜるのも素敵ですね。大抵の場合、木の組み合わせ方は職人さんのセンスに左右されるので、職人さんの腕の見せ所です。

DIYで作るヘリンボーンの床

最近は自分でヘリンボーンを作る人も大勢います。無垢材などでもできますし、ビニール素材のフロアタイルならカットも楽で扱いやすいと人気です。ただしヘリンボーンは端の中途半端な長さの部分を埋めるのが一番大変な作業なので、DIYするには多少根気がいります。

出典:ameblo.jp

しかし、出来上がりはとても素敵です。自分でやる時はいきなり広い面積に施行するのは大変なので、トイレや玄関など狭いスペースから取り入れてみるのがいいかもしれませんね。

出典:ameblo.jp

アクセントウォール

壁にヘリンボーンを取り入れれば、アクセントウォールとして楽しむこともできます。古材を壁に張るのはリノベーションでも人気ですが、ヘリンボーンにすると無骨さが薄れて上品です。

2種類の木を組み合わせる

木の組み合わせ方によって印象が変わるとご紹介しましたが、こんな風に2種類の色に分けてヘリンボーン模様を作ることも可能です。コンクリートの壁と組み合わせるとスタイリッシュですね。

タイルで作るヘリンボーン

タイルだってヘリンボーンにすることができます。真っ白なタイルでも貼り方が変わっているだけでインテリアに動きが生まれて、シンプルなのに個性的です。

出典:tumblr.com

フォトフレームで作るインテリア雑貨

床や壁への施行が難しい場合は、雑貨として活用してみるのはいかがでしょうか。大きめのフレームの中にはめ込む形でヘリンボーン柄を組み、上から文字をステンシルするだけでアンティーク風雑貨の出来上がりです。

出典:pikore.com

お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る