2016年11月28日更新

インテリア(壁/床)

こんな取り入れ方もある!おしゃれなヘリンボーンの空間

人気の高いヘリンボーンを取り入れたオシャレ空間を作ってみませんか? ヘリンボーンとは「魚の骨」に形が似ていることから名付けられたもので、ヨーロッパを中心に広がり、インテリアだけでなく洋服などにも取り入れられる柄となりました。今回はそんなヘリンボーンをフロアはもちろん、壁や家具に取り入れたオシャレ上級者のインテリア事例をご紹介します。


床に取り入れて、部屋全体のインテリア作り

ヘリンボーンは床材として使用されるのが一般的ですよね。キッチンのカウンターと同材のフローリングで統一感を出すこともできますが、ヘリンボーン張りにすることでインパクトのある床に仕上がります。

ヘリンボーンと大好きな和民芸

こちらは濃淡のある板で通常のものより短いハーフタイプのヘリンボーンを使用しています。
細かい模様がより高級感のある落ち着いた印象に仕上げてくれています。

世田谷区F邸~SPRAY~

壁に貼ってアクセント使い

アクセントウォールとして、クロスの色を変えたりタイルを張ったりする方法は目にするようになりましたが、こちらはリビングの壁面をヘリンボーンにした事例です。クロス張りなどと違い、単調にならず部屋にインパクトを与え、ヴィンテージ感が出ます。

CFH

壁面でもこのように部分的であればイメージが強くなりすぎず、重厚感が出せます。

apartmenttherapy.com

出典:apartmenttherapy.com

今からでも大丈夫?!家具などのポイント使い

ちょっと変わり種のヘリンボーンです。キッチンの背面が床とお揃いのヘリンボーン。ヘリンボーンのキッチンパネルの下半分が鏡になっていて、床が反射することで、キッチンパネルと床の不思議なヘリボーン柄のつながりが出来ています。

Stich —異なる素材をパッチワークのようにつなげて

こちらのテーブルは天板がヘリンボーン柄になっています。
家具であれば手軽に取り入れられそうですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

賃貸でも大丈夫!インテリア雑貨使い

家具よりも手軽に取り入れることができる縁取りがヘリンボーンになったラグやミラー。
シンプルな部屋のアクセントになっています。

pinterest.com

出典:pinterest.com

いかがでしたでしょうか。
みなさんもヘリンボーンを取り入れておしゃれな空間を作ってみてください。

この記事を書いた人

tanaka7254さん

学生時代、社会人時代を通じて、建築やインテリアにかかわる環境にいたこともあり、インテリア、照明、キッチンの資格を持っています。
今でもインテリアショップにいったり、住宅関係の展示場を回るのが大好きで、これからの自宅作りの参考にしています。

最近お気に入りされた事例写真

  • リノベーション
  • 梁と外壁の間のデッドスペースも棚収納に
  • リビング収納
  • LDK
  • 家電収納棚とコンロ側

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問