2018/03/26更新0like4375viewyuriyuri*

収納アイデア満載のハンドメイド作家さんのワークスペース

丁寧な手仕事で、素晴らしい作品を生み出すハンドメイド作家さん。今回は、ハンドメイド作家さんの自宅のワークスペースから、機能的な収納アイデアや真似したいおしゃれなディスプレイをピックアップしました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ゾーニングでON/OFFの切り替え自由自在

道具や資材を収納するスペースや広い作業台があり、この空間で作業が完結するので、作業途中で家事や来客があっても、いちいち片付けなくてOK!

そんな理想的なワークスペースは、生活スペースから独立した個室に見えますが……。
部屋全体を見ると、リビングの一部をゾーニングした空間だとわかります。
これなら小さなお子さんがいても、リビングの様子を見ながら作業ができますね。また、あえて天井まで間仕切らないことで、広さがあまりとれないワークスペースでも圧迫感が出ません。空気が循環するので、空調をリビングと共有できるのもメリットですね。
こちらは三角形という特殊な形の部屋ですが、実はワークスペースが! リビング中央にある大きな本棚の裏側がワークスペースになっているんです。
本棚の裏を利用した有孔ボードには、資材が規則正しく並んでいます。一目でどこに何があるかわかり、作業効率もよさそう。本棚の裏に有孔ボードを貼り付けて収納にする方法は、ぜひ真似したいアイデアですね。
このように、個室を別途設けなくても、ゾーニングすれば簡易的なワークスペースがつくれます。家族の気配を感じられて、家事動線もよいという、忙しい主婦の作家さんには理想的なワークスペースです。

シンプルですっきりとしたワークスペース

次に、ハンドメイドの作業だけではなく、家事や書類仕事にも向く、使い勝手のよいワークスペースをご紹介します。

壁に沿ってL字型の造作机を設けたこちらのワークスペース。L字型の天板は、広くない部屋でも空間を有効的に使えます。腰窓からの光が手元を照らす、明るいワークスペースですね。
キッチンカウンター下に注目。家事動線の途中にあるので、忙しいときも効率的に作業を進めることができます。アンティーク風のカゴ収納で、インテリアにも馴染んでいます。

本格的なアトリエのある家

最後に、本格的なアトリエをお持ちのお宅を紹介します。
織物作家の奥様のアトリエは、織り機が3台設置できるスペースが必要でした。壁一面の糸資材も圧巻です。
ハンドメイド作家さんは頭の中の浮かんだイメージを表現する仕事なので、ご自宅もクリエイティブでこだわりが詰まっていますね。

大量の資材や道具のを機能的にまとめた収納には、一般家庭でも使える収納のコツがたくさん見つかります。ぜひ参考にしてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る