2015年07月04日更新

インテリア(植物/グリーン)

グリーンの置き場所・魅せ方・使い方 教えます!

お部屋の印象を大きく左右する観葉植物。
インテリアとしての役目はもちろん、心と身体の癒しにもなりますよね。
でも、買っては枯らし、また買っては枯らしてしまう‥そんな人も多いはず。
植物は生き物です。人間の赤ちゃんと同じように、手をかけてあげた分だけ生き生きと育つのです。
少しの知識と三日坊主にならない管理法をお伝えします。


冷暖房の風が直接当たる場所は避ける

まず、空調機の風が直接当たる場所は避けましょう。葉の水分が奪われ弱ってしまいます。
また、冷暖房がガンガンにきいたお部屋は空気が乾燥しているので、葉に霧吹きで水分を補ってあげましょう。
気づいたその場ですぐシュシュっとできるよう、オシャレな霧吹きを根元に常備しておくのもいいですね。

引き算の家

日当たりよく暖かい場所に置く

観葉植物は熱帯原産のものが多く、日本の冬は苦手です。
よって日当たりがよく暖かい、南または東側に置くのが理想です。
ただ、夏場の強い直射日光が当たり続けると葉焼けすることもあるので、レースカーテン越しの明るい窓際が無難でしょう。

老後の暮らしを見据え、ゆとりと動きやすさを兼ね備えたシンプル&フラットなひろびろワンルーム

強い子に育てるためには夏場は屋外で

生育期である初夏から初秋にかけては屋外で育てると強い子に育ちます。
とはいえ、今まで何か月も屋内にいたのに急に屋外に出され、直射日光をガンガンに浴びせられたのでは植物もびっくりします。人間と同じで、急激な環境の変化には体がついていかないのです。

環境を変える時はだんだんに・・・1週間くらいかけて少しずつ慣らしてあげましょう。
ただ、そうなるとこの時期、室内には植物がない状態に。。
よって数種類の植物を揃え、半分を室内、残りの半分を戸外で育て、定期的に入れ替えて楽しむという方法もあります。

観葉植物の種類によって置き場所や日照・水補給の条件が異なるので、考えながら飾りましょう。家の環境に馴染んでイキイキしてきた植物は運気を向上させてくれそうですね。

要望を叶えた大空間には収納もたっぷり。ホテルライクに暮らせる、洗練のデザイン空間

水やりは「大量かつ一気に」。「ちょろちょろ&頻繁に」はNG。

一般的な観葉植物の場合、水をやるタイミングは「土が白っぽく乾いた時」とよく言われます。でも土の表面は乾いて見えても、土の中はまだ湿っていることがよくあります。
その状態での水やりを繰り返すと根腐れを起こし、やがて枯れてしまいます。

そんな根腐れを防ぐには、目視だけでなく指を土の中にさし込んでみましょう。
指に湿り気を感じたり、抜いた指に湿った土がついていたらまだ水やりのタイミングではないという事です(ただし乾燥厳禁な品種など、すべての植物に当てはまるわけではありません)。

完全に乾いていたら水やりするわけですが、このときは鉢底から水が流れ出るくらいたっぷり一気に与えます。水流により土中の老廃物が押し出され新鮮な空気に入れ替わることで、根っこが健康に育つのです。室内でやる時は鉢皿に溜まった水を捨てる事をお忘れなく。

blogspot.jp

出典:blogspot.jp

大型植物の管理をラクに

大きな観葉がお部屋にあると空間が華やぎますね。
でも日光浴のため屋外に出したり、受け皿に溜まった水を捨てる際など、重い鉢を持ち上げるのは意外と重労働。
ついつい億劫になり、見て見ぬふりをしてしまう人も多いようです。

そこでおススメは、鉢の下に敷くキャスター。
移動させるのが苦にならなくなります(経験上、あるのとないのでは大違い)。
画像のキャスターはIKEAで売っていますよ。

fc2.com

出典:fc2.com

インテリアに合った植物選び

インテリアの名脇役である観葉植物。
さぁ買うぞ!と意気込んで花屋に行ったものの、多種多様な植物を前にして何を買っていいのか分からない。あるいは一目で気に入りお買い上げしたものの、家で飾るとしっくりこない・・。そんな経験ありませんか?

そんな失敗をしないためには、事前に飾る場所やインテリアを考えておきましょう。
おのずと品種は限定され、選びやすくなるはずです。

例えば画像のように高い所に吊るすなら、水をあまり必要としない植物がいいですね(例:エアプランツ等)。下に降ろしてから水やりし、水を切ってからまた吊るすって、毎日の事となると結構面倒だったりするんです。

また定番人気のモンステラやストレチアなどは、南国の雰囲気をもたらしてくれるのでアジアンテイストとは相性抜群ですね。ただし横に広がってくるので、広い空間に向いています。

フレンチシックやシャビーなインテリアには、シルバーリーフやドライフラワーあたりが似合いそう。インテリアにこだわった分だけ、観葉植物にもこだわりたいものです。

ヴィンテージもモダンもなじむ、ニュートラルな空間

最近流行のキモカワ系植物

一般的な観葉植物はもう飽きたという方におススメなのがマニアック系植物。
空気中の水分だけで生きられるというエアプランツはもはや定番化しつつありますが、最近ではコウモリランやネペンテス(食虫植物)など、更なるキモカワ植物が出回っています。扱う花屋さんやショップも増えてきました。

下の画像はちょっと無理やり感がありますが(笑)、ハードな男前インテリアには似合いそう。もちろん万人ウケはしないので(笑)、流行に敏感で感度の高い方におススメです。

a-t-g.jp

出典:a-t-g.jp

観葉植物の代わりに切り花

観葉植物には愛でる楽しみと育てる楽しみがあります。
強くて美しい子に育てるにはそのぶん手間もかかります。
手間はかけたくないがお部屋に緑が欲しいという方には、切り花がおすすめです。
切り花は寿命が短く高価と思われがちですが、葉モノや枝モノなら安価で日保ちするものも多いのです。

例えば、画像のドウダンツツジやアセビなど、葉っぱがたくさんついた枝モノを数本まとめて花瓶に飾れば観葉植物のようにも見えます。
条件にもよりますが、水替えさえきちんとすれば一か月くらい日保ちします。
置き場所を選ばず、旬を楽しめるのでおススメです。

plantica.net

出典:plantica.net

キッチンには食用植物を

グリーンがセンス良く飾られた、生活感を感じさせないキッチンに憧れる女性は多いはず。
何気ない手料理もおいしそうに見えるから不思議です。

でもちょっぴり邪魔なときも・・。ならば壁面でハーブを育ててみては?
LED栽培、これから一般家庭においても普及が進みそうですね。

kitcheners.com.au

出典:kitcheners.com.au


この記事を書いた人

cottonさん

フリーでお花の仕事をしています。インテリアと花は切っても切れない関係。趣味と実益兼ねてパートをしたリフォーム会社で、建築業界の虜になりました。

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチンとダイニング
  • リビングダイニング
  • リビング
  • ダイニング
  • エントランスホール

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問