2014年07月09日更新

インテリア(壁/床)

狭小住宅に取り入れたいアイデア! 光を取り入れる床

格子状の建材グレーチングは、もともとは側溝や排水溝の蓋として使われていました。
グレーチングには、鋼製の他にFRP製などがあり、住宅の床材などにも使われることが増えています。
光を下層に通すグレーチングの使用は、隣家が近接する都内の狭小住宅や地下室などで取り入れたいアイディアです。

0 お気に入り追加 15051view

2階のブリッジにグレーチングが用いられています。
透明なFRP素材を使用することで、板が浮いた状態をイメージしています。

> この住宅のすべての情報を見る

こちらもブリッジに透明なFRPのグレーチングを使っています。
吹き抜けにブリッジを設けても、光を通すので、明るい空間となります。

> この住宅のすべての情報を見る

2階から突き出した部分に設けられた廊下に、透明なFRPのグレーチングを使用しています。
白の内装と調和したスタイリッシュな雰囲気です。下部が陰にならず、明るさを得ています。

> この住宅のすべての情報を見る

狭小住宅の階段の踏板に透明なFRPのグレーチングを使っています。
白く塗装されたスチール製のフレームに、グレーチングがマッチしています。
トップライトからの光を通し、明るい階段室となりました。

> この住宅のすべての情報を見る

1階エントランスホールの床材を鋼製のグレーチングとし、半地下の書斎に光を届けています。
打ちっぱなしの床と鋼製のグレーチングが、洗練された大人の空間を創り出しています。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • LDK
  • リビングダイニング
  • 本棚でできた住宅
  • キッチンからリビングダイニングを眺める
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか