2015年07月24日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

絶対欲しい!いまどきのカッコイイ和室

和室のイメージといえば、緑の畳敷きで襖や障子で囲まれ、壁は砂壁風か和紙風のクロス。
天袋付きの押し入れがあり、客間などでは床の間があったり。それは、一昔前の和室のイメージで、落ち着く要素もあり良いのですが、いまどきの洗練された和室は使いやすくおしゃれです。今のライフスタイルでも使いやすい和室を今回はご紹介します。

1 お気に入り追加 24875view

モダンスタイルな和室

和室のイメージといえば、緑だったり、茶色だったり、落ち着いた雰囲気のイメージがありますが、天井から降り注ぐ真っ白なカーテンは、今までの和室にはない斬新で新しいデザインです。

> この住宅のすべての情報を見る

天井の照明が特徴的な和室空間。
壁、天井が真っ白に彩られていますが、照明を覆うカバーや畳、床面四方を囲うフローリングに背の低い棚など、本来の和室にあるカラーや素材もあるので、和のほっとする部屋になっています。

> この住宅のすべての情報を見る

小スペースを和風に。

ロフト部分が畳張りになっている小さな憩の空間です。
狭くても和の趣を忘れず、自慢したくなる空間ではありませんか。
ふと一人で畳に寝そべり、一息つきたくなる空間ですね。

> この住宅のすべての情報を見る

リビングの一角にできた「畳の間」。
こじんまりとしてかわいらしく感じるのは、円い窓のせいでしょうか。

> この住宅のすべての情報を見る

こちらもリビングの一角に「畳コーナー」を設けました。
天井の色を変えて、さりげなく異室間を出してみたり、地窓で赴きある空間に仕上げています。

> この住宅のすべての情報を見る

趣のある地窓と和室

やはり趣のあるデザインにホッと心和まされるのは、和室ならではの特徴ではないでしょうか。地窓はプライバシーの保護の観点だけでなく、その奥ゆかしさを醸し出す雰囲気が和室にピッタリです。

> この住宅のすべての情報を見る

レトロ和モダン

しっかり和風ですが、洋風のテイストも否めない古くささが敢えていまどきのかっこよさを演出しています。

> この住宅のすべての情報を見る

畳がなくても和空間

下を見下ろすことが出来る風通しのよい開放的2階部分。
畳敷きではないけれど、しっかり和室しちゃってます。
休みの日はこの部屋で本を読んだり、ゴロゴロゆったりとしたときが流れていくのが目に浮かびませんか。

> この住宅のすべての情報を見る

床貼りに掘りごたつ。
天井の高い和モダンな住まいです。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

slifeさん

以前、内装工事・造作家具などの仕事に就いておりました。
インテリアへの興味は尽きることなく、また、常に進化し続ける素材に感心する日々です。

最近お気に入りされた写真

  • 玄関1
  • リビングからキッチン
  • カラーガルバリウム鋼板の外観 (夕景)
  • ダイニングキッチン
  • ファクトリーな作業場

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか