2016/07/29更新1like18651viewhinata

おしゃれで開放的~ガラス間仕切りでメリハリのある部屋に

空間を仕切るのに必要不可欠な間仕切りですが、部屋が狭く感じたり、光を遮ったりといったデメリットもあります。しかし、ガラスの間仕切りなら視線が抜けるので圧迫感が少なく、開放的な雰囲気はそのままで部屋を仕切る事が出来ます。また部屋をワンランク上のおしゃれな空間にしてくれる効果もありますよ。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

黒フレームでクールに

書斎とダイニングの間にあるブラックフレームの間仕切りが、空間をキリッと引き締めます。広々としたひと続きの部屋でありながら、オンとオフの空間を明確に区分けしています。勾配天井の高さいっぱいに備え付けられた間仕切りは天井をより高く感じさせ、海外のアパルトマンのような雰囲気を作り出しています。

浮かび上がるドア

透明のガラスにはめ込まれた重厚なヴィンテージ風の建具が宙に浮いているように見える、遊び心のある間仕切り。開放的な雰囲気はそのままに空間にメリハリを与えています。

視界を遮る

「ガラス間仕切りを取り入れたいけど丸見えは嫌」という場合は、半透明のガラスという選択肢もあります。ガラス間仕切りならではの軽やかさもありながら、視線はしっかりと遮ります。

階段を明るく

両サイドを壁に囲まれて暗くなりがちな階段室も、ガラスの間仕切りでまるでオープン階段のような開放的な空間に。階段室上のトップライトから光がリビングにも降り注ぎます。

気持ちの良い玄関に

玄関もまた窮屈になりがちな場所です。特にマンションは、玄関に窓がないという事も珍しくないのではないでしょうか。洗面室との間をガラス間仕切りにしている開放的な玄関は、昼はリビングからの光が届き、夜は洗面室の明りがふんわりと玄関を照らします。

シャープなガラス間仕切り 愛着ある家具で懐しさを感じるインテリア

手持ちの愛着ある家具が馴染むよう、たくさんの本を収納できるスペースを作るためのリノベーション。
現しで仕上げた天井と壁やスチールの室内窓の素材感は、一見シャープなイメージですが、長年使ってきた家具たちが空間に馴染み、懐かしさも感じる住まいになりました。

ガラス間仕切りをヴィンテージマンションに

「新築にはない、手仕事感のある住まい」をコンセプトに、無垢材の床や塗装壁、アイアンフレームなど素材にこだわったリノベーションです。
広々としたLDKのガラス壁の向こうには、壁一面書棚のデスクスペースがあります。開放感を損なうことなくメリハリのあるインテリアになりました。

ガラス間仕切りがマスト!育児と仕事と家事に必要な動線にこだわる

育児と仕事と家事を目一杯楽しむ生活スタイルを実現するためのリノベーションです。
家事を効率よくできる動線を時間軸で考えながらのプランです。空間に広がりを感じることができるようにLDKと寝室をスチールサッシで区切り、動線をしっかり組み立てることで、オンとオフを効率良く切り替えられる住まいができました。

二世帯住宅のガラス間仕切り

1階が親世帯、2階が子世帯のゆったりとした間取りの二世帯住宅のリノベーションです。2階LDKにある1階への階段ホールをガラスの間仕切りで仕切りました。天井のトップライトから光が差し込み、明るく解放感あふれるコーナーです。

ガラスの間仕切りでお気に入りのCAFEインテリア

お気に入りのCAFEがとてもリフレッシュできる空間なので、そんなCAFE空間がイメージのリノベーションです。
古材の雰囲気のフローリングやドア、キッチン床のグレータイル、ベッドルームとの間仕切り戸はガラスをはめ込んだこだわりの造作扉。自分たちだけのくつろぎ空間が出来上がりました。

賃貸住宅のガラスの間仕切り

築40年の住宅を賃貸集合住宅にするリノベーション。
既存の建具を再利用しながら、和モダンのインテリア。玄関を大きな土間にして、すりガラスをはめ込んだ引き戸で室内と土間を仕切りました。土間が多目的に利用できる縁側のような空間となっているのが特徴です。

ガラスの間仕切りで光りを住まい全体に届ける

1DKの間取りから壁を取り払い、開放的な空間へのリノベーションです。
大きなガラス戸で空間を仕切ることで、光を取り込む開放的な空間となりました。
ツバメクリエイツ「光を取り込む開放的な空間」

ガラスの間仕切りのサービスルーム

赤いキッチンタイルが印象的な、ヨーロッパのアパートのような佇まいのマンションリノベーションです。
ガラスで仕切られたサービスルームは室内窓も大きく、インナーバルコニーのような光りがたくさん差し込む心地よい空間になりました。

ガラス間仕切りで印象的 プラスリビング

二人の住まいとして間取りを変えたリノベーションです。
玄関からすぐの客間は、欄間が印象的な縦格子のデザイン引き戸を開けると、LDKとつながり広く開放的な空間になります。囲炉裏を活かした古民家風のリビング、対面キッチン、家事室などにこだわりました。

透過性のあるワイドな扉で、光を部屋の隅々まで

抜けた眺望が広がる南向きの日当たりの良いマンションリノベーションです。
光を壁で遮るのはもったいないと、内装壁をすべてはがしスケルトンに。壁の代わりにアイアンのフレームと透過性のあるスインカーボで制作した大きな扉を制作し空間を仕切りました。フレキシブルに部屋を仕切りながら、窓からの光を部屋の奥まで行きわたらせる事ができます。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る