2014年07月03日更新

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

親だって長居したくなるお洒落な女の子の部屋!

母親なら、子供のころに夢見たプリンセスルームを娘のために実現させたい、という気持ちはあるだろう。昔と違い、安くてオシャレな家具やインテリア雑貨がたくさん出回っている昨今、それはそう難しいことではない。

ただ一つ気をつけたいのが、色を使いすぎないこと。
小さい頃ならカラフルな空間も可愛いかもしれないが、小学校も後半に入ってきたら部屋のメインカラーを決め、色をある程度統一するとよい。

たかが子供部屋、されど子供部屋!

リビングダイニングだけでなく、自分もまだまだ出入りする子供部屋がオシャレだと家にいるのがもっと楽しくなる。


まるでヨーロッパのインテリア雑誌に出てきそうな女の子の部屋。白で統一された家具がオシャレ。美しいシャンデリアの下、いい夢が見られそう。

港区S邸

パステルピンクの引き戸が可愛らしい子供部屋。カーテンや小物もピンクで統一すれば、お友達も羨む女の子の部屋ができあがり。

フレンチナチュラルスタイルの家

「子供の頃、こんな部屋が欲しかった」と思わずにはいられない、楽しげな子供部屋。はしごを登って辿り着くベッドやお友達と秘密の話しができそうなベッド下スペース、円いカーペットに可愛らしい壁紙。眺めているだけでワクワクしてしまう。

神戸M邸

ダマスク柄のピンクの壁紙がとてもオシャレ。可愛すぎないので高校生、大学生になっても違和感なくいられそう。アーチ型の出入り口も素敵だ。

中古住宅 デザインリノベーション

姉妹が楽しく過ごせそうな子供部屋。ベビーピンクに塗られたベッド脇の壁が女の子好み。同色系のファブリックを使ったベッドカバーがオシャレ。

凹みのいえ


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • エントランス
  • リノベーション
  • キッチン4
  • 見せる収納のキッチン
  • 寝室

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問