2016/07/14更新0like5554viewvillekulla

"幾何学模様"を使ったインテリアでお部屋をセンスアップしよう!

"幾何学模様"とは、辞書によると三角形・方形・菱形・多角形・円形などを素材とする模様とのことです。この幾何学模様はよくファッションでは使われていますが、今年はインテリアに使うのもトレンドなんだとか。今回は幾何学模様を取り入れたインテリア事例、特に小物を使った事例を見ていきましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

難しく考えがち!?幾何学模様のインテリア

幾何学模様ってどうやって取り入れるの?と思いがちですが、こちらの藍染の間仕切り布、これも幾何学模様ですよね。奥に見える障子の桟だって幾何学模様です。そう考えると気軽に取り入れられる気がしませんか?

出典:pinterest.com

壁に幾何学模様のウォールステッカーを貼ってみる

立体感のある熊ですが、実はこれウォールステッカーです。幾何学模様になると立体感が生まれるので、平面でも立体的な動きのあるものになります。

出典:pinterest.com

幾何学模様を小物で取り入れてみる、その1

壁にひし形の立方体で出来た花入れを取り付けてみるのはいかがでしょうか?
一つではなく、ある程度の数を付けた方が動きが出ます。

出典:pinterest.com

幾何学模様を小物で取り入れてみる、その2

まずはこのようなミラーから取り入れるのもいいですね。万華鏡のようできれいです。さりげなく置かれた椅子も幾何学模様!

床と壁に幾何学模様のタイルを貼ってみる

幾何学模様のカーペットが敷かれているような壁まで続くデザインタイル。奥行が感じられます。

出典:pinterest.com

床や壁など広いスペースでなくとも、洗面所やキッチンにアクセントとして幾何学模様のタイルを取り入れるのも良いですね。

壁にテープを貼って、幾何学模様にしてみる

こちらの幾何学模様の壁は、自分でマスキングテープを貼っています。マスキングテープを使えば簡単ですね。

出典:pinterest.com

お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る