2018年10月10日更新

インテリア(雑貨)

ゴミ箱はどこへ?!素敵な部屋に馴染むゴミ箱のアイデア集

おしゃれな部屋にはゴミ箱が見当たらない?!と思ったこと、ありませんか?もちろん生活をしていればどうしてもゴミが出てしまうもの。ゴミ箱がない、なんてことはないはず!おしゃれな部屋に住む人はどんな風にゴミ箱を利用しているのでしょうか。今回は、部屋に馴染むゴミ箱の設置方法をご紹介したいと思います。


分別ゴミはキッチンに集約して

自治体によって出し方が若干異なるものの、日本ではゴミは分別して出すことが定められていて、ゴミの種類別に何個かゴミ箱を用意しなければなりません。

かといって、家のあちらこちらに何種類ものゴミ箱を置くのは面倒。生ゴミや瓶・缶などさまざまなゴミが出るキッチンに分別ゴミのスペースを確保すれば、あちこち移動しなくてもスムーズにゴミを分別できて便利です。


こちらは、ヴィンテージ感漂う黄色味を帯びたタイルが印象的なカフェ風のキッチン。

コーヒーミルやポットなどが置かれた棚の下にステンレス製の大小のゴミ箱を設置しています。
業務用の厨房でよく使用されるステンレスは、錆びにくい上に汚れが落ちやすく機能的。光沢が美しくおしゃれな雰囲気を演出できるので、カフェ風インテリアの定番アイテムとなっています。

> この住宅のすべての情報を見る

青いタイルが敷き詰められた清潔感漂うキッチンにあるのは、3つのペダル式ゴミ箱。

シンプルなデザインのゴミ箱を並べることで、造作食器棚に違和感なく溶け込んでいます。また、食器棚には扉がないので、キッチンで作業していても振り返ればすぐにゴミを捨てられる動線のよい配置になっています。

> この住宅のすべての情報を見る

生活感が出やすい洗面スペースでは?

キッチンに次いで、洗面所もゴミが出るスペースです。
何種類ものゴミが出るわけではないので、ゴミ箱は1つ置けば十分ですが、特に生活感が出やすいスペースなので、”隠す”または”インテリアに調和するものを選ぶ”といった工夫をして、上手にゴミ箱を設置しましょう。

こちらは洗面台の下に、あらかじめゴミ箱を設置することを想定して、ゴミ箱がすっぽり入る大容量の引き出しを設計。

タイルを用いたヨーロピアンテイストの洗面スペースで、上手にゴミ箱を隠して生活感を排除し、素敵な空間を保っていますね。
洗面下にゴミ箱を収納できるスペースを確保できれば、今すぐマネできるアイデアです。

> この住宅のすべての情報を見る

洗面下が扉のないオープンな収納スペースになっている場合は、インテリアの雰囲気に合わせたゴミ箱選びが重要です。

こちらはタイルやバスケットを使ったナチュラルな雰囲気の洗面スペースに、ブリキのゴミ箱を選んでいます。ブリキのバケツと並べて置くことで、更にナチュラルテイストを引き立てていますね。

> この住宅のすべての情報を見る

リビングや寝室では見た目が重要

リビングや寝室でもちょっとしたゴミを捨てるゴミ箱が必要です。ただ、いかにもゴミ箱らしいものを置くのは避けたいところ。
デザイン性の高い箱やカゴをゴミ箱として代用したり、部屋の家具にスッキリと収まる配置を心がけましょう。

デザインが美しい蓋付きのバスケットは、ゴミ箱としても重宝します。

リビングや寝室ではあまりゴミが出ない、というご家庭では飾り台に小さな蓋付きのバスケットを置いて、装飾と実用を兼ね備えた小さなゴミ箱を置くアイデアも。

逆に、結構な量のゴミが出てしまう、あるいは溜めてから捨てている、というご家庭では、大きな蓋付きのバスケットを床置きするのもおすすめです。

出典:Cotton & Clay on Instagram

サイドテーブルを置いている場合は、ジャストサイズのジュートボックスやバスケットを設置しましょう。

サイズを合わせてサイドテーブルと一体化させれば、部屋に馴染んでゴミ箱の存在が浮きません。部屋の雰囲気によっては、蓋付きのブリキのバケツや木箱、アルミ製のボックスなども活用できそうです。

出典:Eleni on Instagram

子供部屋には遊び心のあるデザインで

こちらの子供部屋では、ポップなデザインの収納用紙袋が置いてあります。

インテリアに合うゴミ箱が見つからない場合には、紙袋の中にゴミ箱を入れてしまいましょう!ゴミをまとめる際にもそのまま取り出せばいいので便利です。お気に入りのデザインなら、お子さんも率先して掃除をしてくれるかも?!

出典:Interior Decor inspo 🌳🏡🏠 on Instagram

新聞やダンボールなど嵩張るゴミは麻袋に入れて

こちらはコーヒーの麻袋をリメイクしたゴミ箱。

キャンプなどのアウトドアで使用されることが多いのですが、大容量で丈夫なので新聞や段ボールなどのゴミをまとめておくのにも重宝します。

出典:Daishi Tamai on Instagram

今すぐに活用できる事例やDIYで作り上げる事例など、さまざまなアイデアをご紹介しました。ゴミ箱を見せるのか隠すのかも重要なポイントです。ご自宅のインテリアや生活スタイルに合わせて、いろいろなアイデアを組み合わせて取り入れてみてください!

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

UkoSさん

住宅メーカー出身。海外インテリアが好きな1児の母。おもちゃで部屋が散乱しないよう創意工夫して奮闘中。

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。