2017/05/22更新0like2615viewari*

フルリノベーションとは?マンション・戸建てそれぞれの事例をみてみよう!

既存の建物に大幅に手を加えて機能性、デザインなどをより良いものにするリノベーション。中でも建物をいったんスケルトンにして間取りを変更するフルリノベーションでは、住まいのあらゆる部分を自分好みにすることができます。
今回は、マンション、戸建てに分けて、フルリノベーションについて実例を見ながらお話しします。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

フルリノベーション(フルリノベ)とは?

壊れていたり、老朽化した部分を交換・修繕する意味合いの強いリフォームに対して、リノベーションは、中古の建物を大幅に手を加えて新しく生まれ変わらせることを指します。

なかでもフルリノベーションは、建物をいったんスケルトン状態にして間取りを変更したり、配管を変更したりといった大幅な改築を行うことを意味します。大がかりな工事であり、考えなくてはいけないことも多岐にわたりますが、その分すべての面で自分の希望を取り入れることができるのが魅力です。

それでは、マンションと戸建てのリノベーションについてそれぞれ見ていきましょう。

マンションのフルリノベーション

中古マンションは、手頃な価格で立地条件などに恵まれた物件を購入できることから、高い人気を維持しています。最近では、リノベーションを前提に購入する人も増えて来ました。ただ必ずしも希望通りの間取りではないこともありますし、古い物件では断熱性能が低かったりと、機能的な問題があることも珍しくありません。

フルリノベでは機能的な問題を解決したり、古くなった設備を変えるだけでなく、間取りも変更できます。マンションの場合には管理規約などにより、リノベーションの範囲が限定されることがあるので事前に確認が必要です。

こちらの事例は、2DKのマンションの間仕切り壁を取り払い、広々とした1DKに間取り変更しています。古いマンションは各部屋が狭いことが多いですが、スケルトンからのリノベーションなら、住む人の家族構成やライフスタイルに合わせて間取りを大胆に変えることができます。

戸建てのフルリノベーション

戸建て住宅も時間の経過とともに設備が古くなり、また住人が変わると間取りを変更する必要がある場合があります。マンションのように間取り変更の制限はほとんどなく、さらに自由度は高くなります。フルリノベーションなら、思い出のある家を活かしながら、現在のライフスタイルに合わせた住まいを実現できます。


こちらの事例では、実家を二世帯住宅にリノベーションしています。息子夫婦と子どもたちが住む2階の間取りを再構築。水まわりも新設しました。LDKは天井を開けて吹き抜けにし、明るく開放的な部屋に。同時に耐震補強も行い、安心して住めるようにしました。この家で紡がれる家族の新しい歴史は、きっと素敵なものになりそうです。
フルリノベーションは大がかりな工事ですが、愛着のある古い家、古びているけれど立地条件のよいマンションや古民家など、その家を生かして住む人の希望どおりの間取りや設備を実現できます。中古住宅に住むことを考えているなら、ぜひフルリノベを検討してみてはいかがでしょうか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る