2014年11月26日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング) , インテリア(その他)

フローリングに注目!こだわりの床材7選

家の中でも広い面積を有する壁や床は、素材の選び方によって部屋の印象が大きく変わります。特に床は素足で歩いたり肌に触れることも多く、質感や耐久性も重要です。普段から気にして見ていない限り、細かいところまで知ることのないフローリングですが、スポットを当ててみると実に奥深い分野だったりします。そんな床材を、素材や模様などのこだわりポイントと共にご紹介いたします。

0 お気に入り追加 13526view

1.ウォールナット

クルミの木から出来ているウォールナットは、三大銘木の一つである高級品です。
深い色味で重厚感があるため、落ち着いた印象を与えてくれます。

715 An -庵-

2.チーク

チーク材は水に強く、耐久性や寸法安定性に優れています。
時間を追うごとに色味が増していくので、経年変化を楽しめるのが醍醐味です。

タイルやカラーでオリジナリティを楽しむ家

3.メープル

堅くて傷がつきにくいのが特徴ですが、愛犬と暮らすことを考え、犬の足に負担がかかりにくい柔らかさのあるメープル材を採用したお家です。あえて皮筋の入ったB級品を使い、木本来のナチュラルな風合いを楽しめるようになっています。

まわる家/愛犬目線でつくる家

4.足場板

工事現場で使い古された足場板は、独特の暴れやキズが味です。
内装はシンプルに白で統一されているので、まさに床材が引き立つ家です。

No.50 30代/2人暮らし

5.ヘリンボーン

V字型にした床材を組み合わせた、ヘリンボーンという模様です。3種類のステインで塗り分けてあるため、より一層模様が強調されています。

LDKをできるだけ広く。その分寝室は最小限の広さに

6.ボーダー

クルミ材と自然塗料を使い、濃淡の違う板を交互に組み合わせることによって造られた、オリジナルボーダーの床材です。

オリジナルフローリングのLDK

7.市松×ヘリンボーン×ストレート

ナラ材の組み合わせを変え、ひと部屋の中に3種類のフローリング模様が浮かび上がります。床の模様を変えることで、空間分けをするのもおもしろいですね。

ユカMANIA


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 通り土間
  • 赤坂の家 寝室
  • LDK
  • 都市型住宅
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問