2017/03/02更新1like5255viewfumio

コンクリート・モルタル・セラミック・コルクを床材に使うと、こういうテイストの部屋になる

床といえば無垢の木材が人気ですが、コンクリートやタイルなどの素材は、それとはまた違ったテイストを見せてくれます。部屋の印象を決める床材。自分好みのインテリアに合う床材を選びたいですね。木板以外の素材を使った床事例を、機能性とともにご紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

インダストリアルテイストによく合うコンクリート床

既存のRC造の躯体を生かしたコンクリート床です。コンクリートは熱が冷めにくい性質があり、床暖房との相性も良いです。

天井、壁、床までコンクリートで統一されていて、とてもスマートな印象。黒を基調としたスチールの家具や、ヴィンテージ照明がよく映えます。

モルタル×無垢ナラ材が作る異素材MIXな床

モルタルは見た目はコンクリートとほぼ同じですが、違いは砂利が含まれているかどうか。コンクリートには砂利が含まれている分強度があり、基礎や土台に使われます。モルタルは仕上げや目地材として使われることが多いです。

無垢の木材にモルタルをミックスさせることで、甘いだけでない、ほどよいジャンクさのある部屋になっています。

落ち着いた、大人な印象のセラミックタイル

シックながら冷たすぎないセラミックタイル。セラミックタイルにはマットなもの、光沢のあるものなど様々な質感があり、オフィスや商業施設でもよく見られます。

こちらの部屋は、マットで落ち着いた色味のセラミックタイルによって、印象が引き締まっています。柔らかい色合いの木製家具ともマッチし、空間がより上質なものになっています。
こちらには光沢のあるタイルが使われています。光が反射して明るくなり、部屋が華やかな印象になります。

シック、ゴージャス、スイート 表情が変幻自在のカーペット

カーペットは、色、柄、毛足の長さなど選べる種類が豊富で、ものによって印象がかなり変わります。白いなめらかなカーペットが使用されているこちらの部屋には、一流ホテルのような高級感があります。
深いブルーのカーペット。ギャラリーのような、由緒ある邸宅のような、瀟洒で洗練された雰囲気です。
鮮やかな黄色いカーペットがアクセントになった、大胆な配色です。家具や小物と相まって、暖かみのあるミッドセンチュリーテイストが演出されています。

くつろぎと癒しを感じる畳

畳が敷き詰められた広い部屋は、思わず寝転びたくなりますね。やはり日本人の生活、布団や座敷生活によく馴染みますし、落ち着きます。い草は吸湿性、放湿性があり部屋の湿度を調整するほか、有害物質を吸収する空気清浄機的な役割も果たす優れた素材です。

凛として、柔らかい。日本ならではの美しい空間に仕上がっています。

質感、保温性、耐水性 眉目秀麗な優等生コルクタイル

最後にご紹介するのはコルクタイルです。コルクはワインの栓に使われるほど、機密性と耐水性に優れています。素材もクッション性があり、小さいお子さんが転んでしまっても安全です。その柔らかい質感が、なんとも言えない暖かみを出しています。
木材以外の床を使った住宅をご紹介しました。好みのテイストはあったでしょうか。見た目や機能も様々で悩ましいですが、自分にぴったりの床材を見つけてください!
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る