2014年11月18日更新

インテリア(その他)

部屋を広く見せるには白い床が適色!

何色にも染められる色ー’しろ’。
白は一番部屋を広く見せられる色でもあり、他のどんな色とも相性のいい色です。
そんな白を床に取り入れた事例を見ていきましょう。

0 お気に入り追加 19214view

床はもちろん天井も、壁も、ソファーも、テレビボードも真っ白の家。
開放感が広がります。明るい光の中でリラックスできそうですね。

出典:styleroom.se

モノトーン好きの方の部屋です。床が白いだからこそ部屋が重くなりすぎず、ディスプレイしている小物が映えています。

出典:styleroom.se

白い床のキッチンです。木に自分でペイントして、オイル仕上げしているそうです。

出典:styleroom.se

今までの事例とは打って変わって派手なピンク!の壁の寝室です。濃いピンクなので圧迫感のある色ですが、床と天井が白いことで圧迫感が抜けた感じが出ています。

出典:styleroom.se

モノトーン好きな方のリビングルームです。丸太のような壁の素材も素敵ですが、ぴかぴかの真っ白の床が素敵です。カーペットはあえて黒ではなくグレーにしているのがいいですね。

出典:styleroom.se

静かなたたずまいの玄関ホールです。こちらも床も自分で塗られたとか。
かすかに木の色が透けて見えています。清潔感にあふれていますね。

出典:styleroom.se

床は杉を塗装したそうです。決して幅が広くないですし、そこにシューズケースも設置してあるのですが、すべてを白にしていることで広く見える好例だと思います。

マンションリノベーション・リフォーム事例「白く古く美しく」


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • プライベートコート
  • リビングルーム
  • 書斎
  • LIVING DINING KITCHEN1
  • 飾れるトイレ

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?