2015年03月02日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

仲良く付き合える(暮らせる)二世帯住宅の作り方

どんなに仲良し家族でも一緒に住むというのは、とっても神経を使うこと。お互いが快適に、そして将来を見据えた二世帯住宅を考えてみましょう。大きく分けると、家を二軒建ててくっつけたような(縦分け)タイプと、1階と2階とで世帯を分ける(横分け)タイプが多いですが、1階と2階で分ける場合、将来の事を考え、子世帯は2階、親世帯は1階に住まうというのは主流ですね。できるならば1階はバリアフリー設計にしておくと、将来とても便利です。分けられる程のスペースがない場合は、1箇所だけでも くつろげる場所を作っておきましょう。


子世帯リビングです。明るくポップな感じに仕上がっています。親と子とで分けると、自分達の好みで選べるのが魅力的ですよね。

1、2階で住み分ける完全分離型の2世帯住宅 (子世帯ダイニング)

親世帯リビングです。木を基調とした事で、ナチュラルで落ち着く雰囲気に仕上がっています。

1、2階で住み分ける完全分離型の2世帯住宅

子世帯キッチン。ブラウンを基調としたシンプルで高級感のあるスタイルに仕上がりました。キッチンを共同で使う場合で、尚且つ別々にお料理したい場合は、使う時間帯を決めると便利ですよ。

T+Kハウジング 2つの庭をもつ2世帯住宅 (子世帯のキッチン)

親世帯キッチン。クリーム色を基調とした可愛らしいイメージに仕上がりました。キッチン傍の引き戸にも明るい色を選んだ事で統一感が生まれています。

T+Kハウジング 2つの庭をもつ2世帯住宅

子世帯リビングです。棚をうまく活用しています。棚も天井まであるのではなく、棚上部に空間を設ける事により、他の部屋とのつながりが生まれる設計になっています。

街角バルコニー(都市型2世帯住宅) (リビングダイニング(子世帯)3)

親世帯リビングです。こちらも棚の高さを利用して、うまく空間を仕切っています。木材の模様を多く取り入れる事で、ナチュラル感の漂うおうちに仕上がりました。

街角バルコニー(都市型2世帯住宅) (リビングダイニング(親世帯))

子世帯バルコニーです。ウッドデッキや目隠しは、親世帯とお揃いなので外観は統一感があり、素敵な仕上がりになっています。

街角バルコニー(都市型2世帯住宅) (バルコニー(2階子世帯))

親世帯バルコニーです。行き来がなくてもお揃いに意味がない訳ではありません。お揃いは相手に好感を持つ効果もあるんですよ。

街角バルコニー(都市型2世帯住宅)

キッチン・浴室等が共同の場合でも、トイレ・洗面所だけは2階にも作っておくと、バタバタしている朝にとても重宝します。

下井草nh

スキップフロアにすることで、同じフロア内でも不思議なことに、ちょっとプライベートルーム感がでますね。

ふたつの家族と中庭の家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 大岡山の家 浴室
  • 玄関
  • LDK
  • 木目美しい玄関ドア
  • 都市型住宅

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問