2015年07月02日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO) , 注文住宅(HOW TO)

家族みんなに愛されるおうち~おしゃれで実用的な二世帯住宅~

二世帯住宅と聞いてどんなイメージを持ちますか?
敷地面積をはじめ、各人の生活スタイルや好みなどを一つの建物内で実現しなければならないため、妥協も多くなりがちです。
でも裏を返せば問題が明確なわけで、それをクリアにすれば皆が納得できるのかもしれませんね。
おしゃれだけど機能面でも納得!そんな二世帯住宅を集めてみました。


空中庭園の向こうに見えるは親世帯

2階の空中庭園を挟んでおばあちゃんのお家と向かい合った、明るく開放的な子供部屋です。
これくらいのほどよい距離感はまさに理想的。
壁の高さも子供の背丈に合わせているようですね。

スキマのある家

吹き抜けのあるリビングで2世帯が集う

高い天井と大きな窓が開放感を与えてくれます。
これなら2世帯全員が揃っても、圧迫感がないですね。
大きな窓に負けない大きなシャンデリアもインパクト大です。

三世代が憩う家

二世帯住宅にこそ広々としたワークスペースを

長いデスクのあるワークスペースが印象的な二世帯です。
お子さまが幼少期から思春期を経て、自立して巣立っていくまでの家族の変化を念頭に置き、家族の共有空間や子どもの個室のありかたを考えた住宅です。

家族が顔を合わせるリビングや二世帯共有のワークスペース、さらには可変性のあるキッズスペースなど、家族が常に触れ合える仕掛けがいっぱいです。

ワークスペースのある二世帯住宅

子世帯は、コンパクトでも楽しい空間に

2階を新たに子世帯とするため、リビングやキッチンを新設した事例です。
限られた空間では収納の確保が大変ですが、リビングにロフトを作ったことで解決。
こんなロフトならお友達にも自慢できますね。アンティークグリーンのドアがいいアクセントになっています。

O様邸・楽しくコンパクトに二世帯で暮らすための家

狭小地の二世帯住宅

子供のお絵かきの様な三角屋根。なのに、なんという個性的な外観。道行く人も気になって仕方ないはず。外観に劣らず屋内も個性的なおうちです。

オウチ01・狭小二世帯住宅

平屋でバリアフリーな二世帯住宅

小さなお子様と高齢者のいる二世帯住宅です。
平屋建ての完全バリアフリーな設計は、家族の安心・安全を最優先にした結果でしょうか。全ての空間を自由に行き来でき、中心にはひろびろとした中庭が。

小さな部屋に分割せずに、広いワンルームをカーテンで間仕切るリビングダイニング。
将来、家族の在り方に変化が訪れた時、柔軟に対応できそうです。
採光や通風はもちろんのこと、夏の強い日差しを遮ることができる工夫もされています。
家族みんなが末永く快適に暮らせることでしょう。

COURT HOUSE

カッコイイ二世帯住宅

地下1階、地上2階建てのモダンなその建物は、なんと二世帯住宅だと言いうから驚きです。
作り手がその土地をはじめて訪れた時にひらめいた「踊るクジラ(balena)」。
そのイメージで作り上げたお家です。どこを取ってもカッコイイ!と思わず唸ってしまうスタイリッシュな空間です。この家のオーナーであることが、いくつになっても誇りに思える、そんな生き方に憧れます。

balena


この記事を書いた人

cottonさん

フリーでお花の仕事をしています。インテリアと花は切っても切れない関係。趣味と実益兼ねてパートをしたリフォーム会社で、建築業界の虜になりました。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • キッチン
  • 洗面
  • 苅間の家 外観
  • 美しい庭

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問