2016/12/29更新1like14536view水沼 均

主寝室の広さを8畳にするのは、実は中途半端なのかも?

みなさんは主寝室をどれくらいの広さでイメージされているでしょうか。主寝室は一般に8畳間プラス押し入れくらいの広さが多いと思いますが、実はこの広さはちょっと中途半端なのです。もっと小さくして最低限の機能だけを与えるか、またはもっと広くしてプラスアルファの機能を与えるか、どちらかにした方が、性格のはっきりした使いやすい寝室になってくれることでしょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

主寝室の広さを最小限に抑える考え方

小規模な住宅では、主寝室の広さを最小限にしてリビングダイニングの広さを充実させると、暮らしやすい住まいになります。

この場合主寝室は最低6畳あれば、シングルベッド2つと幅約2.5メートルの壁面収納が設けられます。しかし家具はベッド以外ではドレッサー程度しか置くことはできず、あくまでも「寝部屋」に徹した考え方となります。

主寝室をゆったり取って多機能スペースにする考え方

一方、主寝室を単なる寝部屋とせずに、多くの機能を持たせるという考え方もあります。主寝室を夫婦だけのためのプライベートな居間に仕立てたり、書斎や家事室、ホビールームなどとしても活用する考え方です。ある程度の規模の住宅になりますと、このような多機能主寝室が可能になります。

下の写真は寝室にライティングデスクを置いて、坪庭まで設けた例です。
カキザワホームズ「ゆったり暮らす子育て世代の家」

多機能な主寝室は、14〜16畳ほしい

多機能な主寝室には、寝具や衣類に加えて、PC、プリンター、季節家電、書籍、重要書類、趣味の物などが置かれることでしょう。

したがって主寝室にはかなりの収納量が必要となり、部屋の広さは収納込みで最低でも12畳、できれば14〜16畳くらいほしいところです。

下の写真は主寝室に大型の壁面収納を設けた例です。奥行きが深いので、相当な量が収納できそうですね。

ベッドを使わないという手もある

さて、ここでベッドについてちょっと考えてみましょう。

主寝室にベッドを置くと、それだけでかなりの面積を必要とします。そこで、いっそベッドを置かないという手もあるのではないでしょうか。

最近は薄くて軽く暖かい高性能な寝具が多数市販されています。これらは奥行き60センチの収納があれば畳んでしまっておくことができます。

布団2組分のスペースが昼間開放されるとしたら、ずいぶんいろいろな使い勝手が増えてくれそうですね。ひなたぼっこをしながら洗濯物を畳んだり、思い出の品を広げて整理したり、などという生活場面が見えてきそうです。

下の写真は主寝室を奥様のためのヨガスペースに使っている例です。ベッドにこだわらなければこんなに贅沢な使い方もできるんですね。
最小限の寝室と多機能寝室についてお話ししてきましたが、もしかするとベッドの扱い次第では、寝室の第三のあり方が発見できるかも知れませんね!
お気に入りに追加

この記事を書いた人

水沼 均さん

建築設計の学校で長年教師を務め、大勢の生徒さんと接してまいりました。年齢、経歴、そして住まいへの思いも大変多様で、他では得られない貴重な経験ができました。その経験を生かして、豊かな住まいづくりに役立つような記事をたくさん書いていきたいと思います。

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る