2014年09月08日更新

おしゃれな部屋事例(玄関)

会話が広がるエントランスホール

エントランスは入り口や玄関の事で、エントランスホールとは玄関口の広間になっている部分を指します。
大きな施設では案内板やパンフレットが置かれていたり、ソファ等が設置されてくつろげるスペースになっています。

個人の家でエントランスホールを設けた場合、外出先から帰った時のほっと一息つける場所であったり、友人と会話する場所として使われたり、時にはギャラリーや仕事場として使われています。急な訪問客であっても、部屋の中を気にすることなく対応出来るので客間として、部屋の一つとして選択肢に入れても良いかもしれません。


部屋として自分の時間が持てる広いエントランスホール。
床は下の地下へ光を送るように作られています。

注文住宅事例「T-House(2S)」

縦格子で仕切られた接客コーナー。
急な訪問客に対応したり、仕事の打ち合わせなどにも便利ですね。

マンションリノベーション・リフォーム事例「縦格子間仕切のある家」

土間は外気が入ってきやすいですがストーブがあれば寒い季節も暖かくゆっくりできますね。

注文住宅事例「土間のある家」


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • 子ども部屋
  • リビング1
  • リビングと一体感のあるテラス
  • リビング
  • LDK

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?