2018/12/05更新0like2421viewNina

これで玄関収納の悩みは解消!6つの極意で空間を活かす

たくさんの靴に雨具、防寒服など、玄関に収納したいものは案外多いはず。ところが玄関は限られたスペースであるうえに、来客の目もある場所。収納量は減らしたくないけれど、見栄えもよくしたい……と悩みは尽きません。この記事では、玄関収納の悩みを解消する技をご紹介。空間を活かしてスッキリ広く見える玄関を目指しましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

【玄関収納の極意】収納量ばかりに気を取られないようにする

玄関収納を考える前に、まずその家の玄関の「位置」や「広さ」を見直しましょう。

コンパクトな玄関の場合、大きい収納家具を置くと圧迫感が出てしまうことも。また、玄関が家の北側にある場合、湿気がこもり暗くなりがちです。

こういった特性にも留意して玄関収納を選ぶと、悩みの解消に役立ちます。

見せる収納で空間を最大限に活用

玄関収納の悩みといえば、「靴」を挙げる人も多いでしょう。

限られた空間を活かすならば、扉や背板の必要ない「見せる収納」は効果的。扉や背板がなければ、それだけスペースが空くためです。たかが数センチでも、狭い玄関ではかなり印象が変わります。
また、下駄箱の湿気問題も解決できます。通気性がよいと革靴のお手入れが楽になりますよ。

ただし、足元から天井まで隙間なく詰め込むと圧迫感があります。こちらのように足元に何も置かないスペースをつくるとよいでしょう。

装飾品を置かないこともスッキリ見せるコツ。靴がそのまま見えるため、他に物を置くとごちゃごちゃした印象になってしまいます。

大型収納で壁のように見せる

玄関の収納棚にもさまざまなサイズがあります。

背丈のある大型収納を選ぶ際は、明るめの色を選ぶと圧迫感が少なくなります。壁や床などと一体感のあるデザインにするのもポイント。大きな棚でもデザインが周囲に溶け込み、存在が気にならなくなります。

こちらは収納棚の上部が明るく、暗くなりがちな玄関をおしゃれにしています。参考になるアイデアですね。

大型収納を「抜け感」で軽くする

こちらは、先ほどの大型収納に「抜け感」をプラスして、玄関を全体的に軽く見せています。

収納棚には、ところどころ「見せる収納スペース」があるため、大型の収納棚なのに圧迫感がありません。
見せるスペースといっても、ものを多く置くと雑多なイメージになるので、少ない数におさえるのもコツです。
フリーダムアーキテクツデザイン「CASE 434 | HIDAMARI」

あえて広くして多機能にする

出入りだけでなく、多機能の目的を持つ玄関ならば、広くする価値がある場所となります。

こちらは自転車などの収納スペースに加え、ワーキングスペースとしてデスクも設置しています。土間は作業にも使えて便利です。
大量収納はもちろん、さまざまな困りごとを解決できる場所になりますよ。

ウォークインクローゼットを導入

ウォークインクローゼットは、特に小さなお子さんやペットがいる家庭におすすめ。

収納を上下に分けて考えることで、収納力が大幅にアップします。上部には靴棚、パイプを通してかさばる防寒着や雨具などを。下部にはブーツや長靴、自転車、ベビーカーを。ペット用品の収納スペースなどもあると便利です。

これらを壁1枚で隠せるウォークインクローゼットは、玄関収納の悩みを一気に解決してくれます。
限られた空間だからこそ、さまざまな悩みがある玄関収納。でも、考え方をちょっと変えればさまざまな解決方法が見つかります。家族や来客を出迎える場所だからこそ、気持ちよく使える空間をつくりたいものです。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

玄関の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る