2015年06月24日更新

インテリア(照明)

ドアを開ければほっと安らぐ~間接照明のある玄関~

間接照明は灯りが何かに当たった反射光を利用して周囲を照らすもので、反射照明ともいえます。光が反射するとその光は柔らかくなり、ムード照明としてもよく使われています。家の顔ともいえる玄関に間接照明をもってくると、ドアを開けた瞬間、柔らかい光に気持ちが癒やされます。玄関は小さいスペースだからこそ、間接照明がもつメリットを大いに発揮させることができます。そこで、間接照明を取り入れたお洒落な玄関をご紹介いたします。


緩急のある玄関

赤いドアは玄関の主役として空間の雰囲気を引き締めています。その雰囲気を壁側から天井に向かって放たれる間接照明がふんわりと和らげます。メリハリのある空間とは、まさにこのこと!

伏見の家

大人っぽい玄関

ウォルナットの床と収納棚がシックな玄関。収納棚の下からは白い間接照明が足下を照らします。

大容量の収納スペースのある家(リノベーション)

くり抜きのある玄関

ミラーの下部分がくり抜かれ、そこからの間接照明がフットライトとして玄関を明るくします。この「くり抜きの技」はお洒落を演出するためのとても良いアイディアですね。

縦格子間仕切のある家

間接照明が主役の玄関

壁面に貼られた鉄板は、間接照明の光の陰影を楽しめるオブジェになっています。この鉄板は年を経る度に表情が変化するので、間接照明の反射の加減も同じく変化していきます。廊下のダウンライトを減らして間接照明を際立たせる工夫もされています。

こだわりの自分空間

リッチムードな玄関

壁面にあしらわれた大理石の割石に、明るめの間接照明が反射します。視線より少し低めの位置にある間接照明は玄関で存在感を放っています。リッチな雰囲気になりますね。

西宮リノベーション

ゴージャスな玄関

シックで落ち着いた色を多く取り入れたお家の雰囲気に合うようにデザインされた玄関。もともと広々とした玄関ですが、白いタイルを間接照明で照らすことで更なる広がりが生まれます。

No.79 3人暮らし

和と洋の玄関

和風インテリアで飾られた玄関スペース。玄関から廊下の天井を伝う洋風な間接照明が家の中へ招いてくれているようです。

m&n house


この記事を書いた人

lippon55さん

わんことにゃんこが大好き。家庭菜園も好き。食べる事大好き。そんな万年ダイエッター。

最近お気に入りされた事例写真

  • リビング
  • ラグジュアリーな寝室
  • ダイニングキッチン
  • リビングとダイニングを仕切るとラグジュアリーな空間に
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問