2016年12月19日更新

おしゃれな部屋事例(玄関)

家に吸い寄せられてしまう!? センスのいい玄関アプローチ・植栽の作り方

家の中も大事ですが、やっぱり気をつけていたいのが玄関アプローチ。ついついお手入れがおろそかになってしまいがちですが、通りがかりの人に一番見られている部分と言っても過言ではありません。そこで今回は、自分もこんなお家に住みたいと思わせられるようなおしゃれな玄関アプローチ・植栽の施工例をご紹介します。

3 お気に入り追加 65148view

玄関アプローチは家の顔!

玄関アプローチは家の中と違って、家族や友人のみならず、まったく面識のない方にも見られてしまう部分。いわば、家の顔のようなところです。その玄関アプローチ、植栽の作り方によっては、通りがかりの人が知らず知らずのうちに、中に住んでいる人のイメージを決めているかもしれません。

だからこそ、そんな通りがかりの人がついついうっとりと眺めてしまうような、家に吸い寄せられてしまうくらい、センスのいい玄関アプローチにしたいですよね。今回は、センスの良い住人が住んでいると思わせられるような、おしゃれな玄関アプローチを12件ご紹介します。

おしゃれな英国風の玄関アプローチ

ブリティッシュな玄関アプローチ。インターフォンが木に取り付けられているところが素敵ですね。

玄関アプローチをまっすぐにせずに、あえてカーブを描きながら上っていく石段にすることで、お家からセンスの良さを感じさせてくれます。

兵庫県K邸

リフォーム・リノベーション会社 DEN PLUS EGG

DEN PLUS EGG

リフォーム・リノベーション会社

モノを作るときや選ぶとき 大切にしている“ものさし”があります 着ている服、使っているペン、毎日食べているものもふくめて、みなさんは普段どんなモノと一緒に暮らしていますか? そして、それらのモノはどんな基準で選んでいますか? 色、形、材質、機能、使い勝手、サイズ感やボリューム、それとも値段でしょうか?求めるモノや選ぶセンスは人それぞれ。その時の気分にもよりますし、正解も不正解もありません。ただ、DEN PLUS EGGには、モノを作るときや選ぶとき、大切にしている“ものさし”があります。これが正解とは言いません。でも、私たちはその“ものさし”をとても大切にしています。作り手の想いや考えが色や形に表れているモノであること。素材の特性をしっかりと理解して作られているモノであること。売るためのデザインではなく、使うためにデザインされたモノであること。古くてもちゃんと使い込まれたモノであること。また、新しくても使い込むことでちゃんと古くなっていくモノであること。派手さはありません。素朴です。でもなぜか美しい。DEN PLUS EGGはそんな“ものさし”を通して、床や壁、ドア、キッチンを作り、取っ手やドアノブ、照明、カーテンを選んでいるのです。

ナチュラルテイストな玄関アプローチ

緑豊かな環境に、ナチュラルな色の木の外壁やドア、ウッドデッキによる玄関アプローチがマッチしています。

家の顔ともいえる玄関アプローチに、自分の趣味のものを置いてみるのも素敵ですね。

回廊バルコニーで緑と接する2世帯住宅

建築家 宇野健一

宇野健一

建築家

空間から場所へ アトリエグローカルの目指す設計は、見た目の格好よさだけを重視したカタチ優先のデザインではありません。人が暮らし、様々な生活行為が営まれることで、はじめて空間は場所へと命を吹き込まれると考えます。 私たちは、心地よく、楽しく、安全で、夢や思い出がたくさん詰まった「場所づくり」を目指します。 地域から地球へ 建物の建つ場所の気候風土、まち並み、コミュニティなど様々な地域特性との調和を大切にした設計を心がけます。一方、ひとつの建物をつくることは、資源・エネルギー・温暖化などの地球環境、あるいは世界経済などとも深く関連します。私たちは設計活動を通して地域に根付きつつ、地球の将来に対しも責任ある態度で貢献したいと考えます。これは私たちの事務所の名の由来でもあります。 プロセス重視の設計手法 私たちは、お客様との対話や共同作業(ワークショップ)などを通して、お客様のニーズを的確に理解し、時にはお客様と一緒に新たなニーズを発見しながら設計を進めたいと考えます。建築家からの一方的な提案や、お客様のご要望を表面的になぞるだけの設計は行いません。 お客様とのコミュニケーションが、建物への思い入れや愛着を育む一助になるような設計プロセスを心がけます。

モダンな印象の玄関アプローチ

こちらもウッドデッキを使った玄関アプローチ。シンプルなデザインと、赤・黒・白のコントラストが玄関アプローチをモダンでかっこよく見せています。広々としたウッドデッキはゲストをもてなすことも出来そうです。

地平線の見える崖地の家

建築家 米村和夫

米村和夫

建築家

家は買うものではなくつくるもの.どうせつくるなら、納得に行く家づくりをしましょう!楽しくワクワクとしながら!

再生した古民家の玄関アプローチ

明治時代の民家を再生したお家だそうです。和風な石畳や前庭の植栽がセンスの良さを感じさせてくれます。

懐かしさを感じさせる玄関アプローチから、子供がおにごっこをしているような情景を思い描けます。

建築士の家

建築家 水野 友洋

水野 友洋

建築家

私は、自然 素材と謙虚に向き合い、「心地よい木の家」を目指しています。 心地よい自然 素材を求めて行き着いた先は「伝統的構法の家」でした。 近くにある自然の素材を使い、職人さんたちの手仕事による家作り。 時間によって暴かれていく建築材料を使った家作りではなく、 時間によって磨かれる本物の素材を使った家作り。 そして、昔の人たちが残してくれたように、未来の子供たちに「日本の風景」を残したいと思っています。 【好きな家作り】 天然乾燥の木材・・・「桧・杉・松」など住んでいる地域で育った木を使う事。 木組みの構造・・・プレカットではなく、大工さんが一本一本手で刻む事。 差鴨居と貫・・・金物をで固めず、木のめり込みを生かしたしなやかな構造。 現しの土壁・・・壁はボード下地ではなく、土と藁からなる素材で作る事。 石場建て・・・基礎を立ち上げず、床下に風と光を通す事。

水が印象的な玄関アプローチ

この事例では玄関アプローチの横に池を設計しています。コンクリートとガラス、水の組み合わせが美しく、まるでどこかの美術館のようですね。

観光地というロケーションを考慮し、周囲の喧噪から守られるような玄関アプローチです。

山手の家

建築家 田井勝馬

田井勝馬

建築家

私は、家づくりとは、人それぞれの独自の ライフスタイルをデザインすることだと考えています 建て主様とのコミュニケーションから、家への想いを共に発見し、その実現と新たなライフスタイルを提案します

田園風景になじむ玄関アプローチ

のどかな田園にたたずむ平屋住宅の玄関アプローチ。

赤いルーバーと白と黒の外壁の調和が見事です。アプローチだけでなく、お庭の植栽もしっかりと設計することで、周囲の田園風景になじむおしゃれな玄関アプローチに仕上がっています。

うきはの家

建築家 網田一久

網田一久

建築家

住宅のデザインについて一言! 機能や性能の延長線上にデザインがあるということです。つまり、見かけや最近の流行に左右されるのではなく、時が経つに連れて良い風合いが生まれ、そしてその場に自然と馴染むものです。常に経済性を考慮しながら、機能美を追求したいと思っています。 一緒に心地のよい家を創りましょう。 古民家再生やマンションリフォームも行っています。 お気軽にどうぞ!

料亭のようなセンスのいい玄関アプローチ

閑静な住宅地に建つ、注文住宅の玄関アプローチです。

こじんまりとしていますが、照明と木のルーバー、そして板張りの外壁がまるで料亭のような美しさを醸し出しています。暖かみのある照明は家に帰るたびに安心感を与えてくれそうですね。

松本岡田の家 -切妻六.五間堂-

建築家 目時亮

目時亮

建築家

家づくりは、住み手の方々の人生への投資だと思います。様々な思い、夢を共に実現できるよう常に努めてます。建築のみならずインテリア、家具までデザイン全般をトタールに考えております。 そして、イタリアでの設計活動などで培われた感性によるシンプルを基本とした空間デザインには自信があります。 2013年4月より松本を本拠地として活動しております。

古さを生かした玄関アプローチ

古家付きの土地を購入され、新しく建て直した注文住宅。周囲の趣きある町並みに配慮しながらも、伝統とモダンを上手く融合させています。

玄関アプローチの踏み石を旧家屋からそのまま引き継ぐことによって、旧家屋がもっていた街の記憶を壊さずに新しい住宅へと生かしています。

books and gardens

建築家 古前極

古前極

建築家

住宅の空間すべてが、住む人にとっての”楽園”となるようにデザインします。 ”楽園”感の実現のための、デザインと構造。 身を置くことで、時間が止まったように、満たされる喜びを感じていただける空間づくりを大切にしています。 家は人生の舞台と考えてきましたが、いま感じるのは、家そのものが生きることの目的であり魂の安息を得る最終地点である、ということ。 家から出たくない家、それが「楽園」としての家と考えています。

ヤマモミジで四季を感じる玄関アプローチ

こちらのお宅では、玄関アプローチにヤマモミジを植えています。とてもおしゃれな玄関アプローチですが、これならあまり手間をかけずに綺麗なアプローチを維持できそうですね。砂利と緑の組み合わせも見事です。

ふたつの木の家

建築家 岡本 浩

岡本 浩

建築家

強く楽しく美しく! そして気持ちいい。 そんな家を目指しています。

引き込まれるような玄関アプローチ

隣り合う二つの箱のちょうど間に設けられたような玄関へと続くアプローチです。

周囲を畑に囲まれた田園風景に佇むこのお家では、住宅を道路からある程度離して配置していますが、スッとのびたウッドデッキの玄関アプローチが住宅まで上手く引き込んでくれます。

to...

建築家 阿曽芙実

阿曽芙実

建築家

毎日、あたりまえに過ごす空間が、とても好きだと感じることができれば、それは、自分自身にとって大きな栄養である。

自然素材を生かした古風な玄関アプローチ

愛知県の小高い丘の上に建つ住宅。

石をそのまま使った、他ではあまり見ないような玄関アプローチに仕上がっています。全体的に渋い色使いの、センスのいい玄関アプローチですね。

長久手の庭 (玄関アプローチ)

建築家 後藤孝

後藤孝

建築家

「わっスゴイ!」と声が出る様な、奇抜さや派手さではなく 「あ~~。これっていいよね!」と、そっと感じれる ゆっくりと味が出てくるような建物を、まちを、関係を 大工さん、職人さん、左官屋さん、そしてお施主さんと共につくっています。 見た目では、解らない肌触りや、足触り 空気感をつくりだしていきます。 そのためには、見た目の派手さではなく 素材を選び、その素材が活きるような空間づくりと共に 空間の広がりや、落ち着きをつくり出すために 様々な仕掛けを施しています。 もちろんデザイン的にも、カッコ良いものをつくりたいです。 外観は、まちなみに合わせながら時代にあったものを 内部は、今の生活に合わせた、心地よいものをと思っています。

リゾートに建つお家の玄関アプローチ

こちらのお宅は南房総の海にほど近い場所に立地しており、家から海を眺めることができます。そんなお宅の玄関アプローチは、芝生の上をカーブを描いた石畳が通り、気持ちのよさそうなウッドデッキへとつながっています。

海をながめながら、ゆったりと時間を過ごせそうな玄関アプローチです。

『OH-house』スキップフロアの海の家

専門家を選ぶ前に、相談できる無料サービスもあります

SUVACOでは、住まいに対する要望をお聞きして、その人・家族に合った建築家・リフォーム・リノベーション会社をご紹介する無料サービスをやっています。

インターネットでもお電話でも相談できます。住宅業界での経験が豊富な専任アドバイザーが、どの企業にも寄らない中立的な立場から、ご要望に応じた依頼先を提案します。もちろん提案されたからといって、その会社に決めないといけないということも全くありませんので、まずはお気軽にご相談ください。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • LIVING DINING KITCHEN1
  • 大容量本棚のある書斎
  • 天井の高さが6.7メートルある玄関
  • 古材を使用した立ち上がり

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…