2014年06月11日更新

おしゃれな部屋事例(玄関)

ほっとする心地よさの個性派玄関

‘家の顔’となる場所である玄関。
リビングダイニングやベッドルームというプライベート空間とはまた違い、来客の際に一番にその家のスタイルを印象づける、そんな場所でもあります。そして住んでいる者も、居る時間は少ないが、出発時、帰宅時と心の切り替えをする大切な場所。そんな玄関は心地の良い空間作りと家のイメージを凝縮した場所作りをしたいものです。

今回は、そんな素敵玄関を集めてみました。


ホテルライクな玄関。玄関から伸びる廊下が気持ちの切り替えを行ってくれるような、清潔感と半面をウッド素材をもってくることで温かみのある空間となりました。

リノベーション・リフォーム会社:リノベーションカーサ「ホテルライクなモダン空間(リノベーション)」

リビングにつながるドア両面をガラス張りに。
ガラス張りにしたことで、室内のインテリアの雰囲気も感じられ、また、リビングからの光も取れるので、明るい玄関スペースになりました。

リノベーション・リフォーム会社:リノベーションカーサ「海沿いのラグジュアリーな空間(リノベーション)」

帰宅したと、ほっとする心地の良い天井高さ部分もあり、一方で2階へと続く階段部分の吹き抜けで、プライベートモードの開放感を味わえ、外と内の切り替えが、心地よく誘導される玄関。

> この住宅のすべての情報を見る

玄関床を透明にし、間接照明を入れることで、無機質な素材も どこか温かみのある個性ある印象的な玄関に。

> この住宅のすべての情報を見る

アトリエとしても利用している土間玄関。
外の緑を際立たせるためにも、全体をテーマカラーでもあるブラックでまとめた。それによって、外の景色もインテリアのひとつとして、玄関にアクセントと与えられた。

> この住宅のすべての情報を見る

玄関にベンチを設置。ベンチに座って靴を楽に履けたり、ちょっとした来客時の雑談にも重宝されるベンチは真似してみたい。

> この住宅のすべての情報を見る

玄関床を、お気に入りのタイルにし段差をつけ、個性を出した。部屋の中も思わず見てみたくなる、わくわくする玄関に仕上がりました。

> この住宅のすべての情報を見る

リビングへと続く真っ白な玄関廊下にアクセントを加えたのは、アンティーク調のドアやガラス窓。玄関自体はシンプルであるが、インテリアでぐっと世界観が出た。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか