2015年03月22日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO) , 注文住宅(HOW TO)

知っておくと役立つ!~住宅エコポイントについて 2~

前回の「住宅エコポイント 1」に続き、さらに詳しくお話しさせていただきます。

新たにスタートしている住宅エコポイント制度。
前回はポイント付与についてお話しました。
ではその他の規定について、お話していきましょう。


ポイントが付与される工事の対象期間について

1)エコ住宅の新築及エコリフォームの場合
以下の期間内に契約、着工・着手、完了したものを対象となります。
【1】工事請負契約
平成26年12月27日以降 ※既存契約の変更を含む(但し、着工・着手前のものに限る)
【2】建築着工・工事着手
平成26年12月27日~平成28年3月31日 ※予算成立日以降に工事完了するものであって、別途定める期間内に完了報告が可能なものを対象とする
2)完成済購入タイプ
平成26年12月26日までに建築基準法に基づく完了検査の検査済証が発行されたもので、予算成立日以降に売買契約を締結した新築住宅を対象とする

このように細かな規定が定められています。
では、どの点で良いのか…という事に注目していきましょう。

以前にも復興支援・住宅エコポイントというエコポイント制度がありました。
新制度はどのような仕組みになっているのでしょうか。

対象期間は上記に記載した通りとなっています。
対象住宅は前回とは異なり、(完成済新築住宅の購入)が追加されました。
近年、ハウスメーカーによる分譲住宅も増えています。
そういった分譲住宅では、住宅の省エネ性能は向上しています。ですので、制度の対象となるというのはお得ですね。

工事の内容によって付与されるポイント数は異なりますが、その集まったポイントをいろんな商品に交換することが出来ます。
商品自体はまだ公表されていないようですが、商品券やプリペイドカード等や省エネ・環境配慮に優れた商品、地域復興に資するものなどと交換が出来ます。

前回のエコポイントの際は、交換規定がありますが旅行券や美味しそうなお肉やおさかななどの食材もたくさんあり、カタログも見応えのあるものでした。他にも寄付金としての利用も可能です。

目的が異なる他の補助金とも併用が可能です。また前回の記事でもお話しましたが、
①窓の断熱改修
②外壁・屋根・天井・床の断熱改修
③設備エコ改修(3種類以上設置)
④その他の工事(バリアフリー改修等)
の中で、例えば…①窓の断熱 と ④その他の工事(設備エコ改修を1種類)などという工事でも対象となります。

ポイントは最大で30万ポイント。
各メーカーがエコポイント対象商品となるエントリーも行っていますので、リフォーム・リノベーションを行うのであれば、利用しないなんてもったいない!!【お得】に素敵なリフォーム・リノベーションを行いましょう☆


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 食堂
  • 玄関
  • リビングスペース壁面収納
  • ダイニングキッチン
  • ウォークインクローゼット

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問