2014年08月28日更新

インテリア(家具)

存在感のある椅子・エッグチェアのある空間

エッグチェアは、センブンチェアやアントチェアなども手掛けたデンマークの建築デザイナー、アルネ・ヤコブセンによる作品です。1958年に、コペンハーゲンにあるホテルのロビーやラウンジ用の椅子として作られました。存在感のあるエッグチェアを用いた空間をまとめてみました。


クラシカルな内装や家具が置かれた中で、異彩を放つエッグチェア。

myrevelment.com

出典:myrevelment.com

革張りのエッグチェアは、より高価なアイテム。
暖炉の前のエッグチェアが主役となるコーディネートです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

エッグチェアには、別売りでフットスツールもあります。
フットスツールがあれば、自分だけのリラックススペースに。

decor8blog.com

出典:decor8blog.com

柔らかなトーンでまとめられた、シンプルモダンのコーディネート。
エッグチェアが主張しすぎず、さりげない存在となっています。

pinterest.com

出典:pinterest.com

エッグチェアやソファ、テーブル、照明器具と丸みを帯びたフォルムの家具をペールトーンでまとめています。色使いによってエッグチェアがキュートな印象です。

pinterest.com

出典:pinterest.com

リビングに置かれた赤のエッグチェア。ダイニングには、ハンス・J・ウェグナーのYチェアが用いられ、北欧モダンの温かみのある空間となっています。

自由発想と要望を詰め込んだ空間(リノベーション)

ダイニングにはセブンチェアを使用。
モノトーンを中心としたコーディネートで、エッグチェアは目をひく存在です。

ふじみ野の家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • リビングダイニング4
  • 外観
  • 外観3
  • 玄関

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問