2014年08月15日更新

インテリア(照明)

ライティングの効果的な使い方

最近は日本でも間接照明が当たり前になりつつあります。米国では普通に部屋にシーリングライト(天井照明)がなかったりします。シーリングライトがつくと部屋全体が照らされ、のっぺりとしたメリハリのない空間になってしまいます。どうすればメリハリを付けれるのか。それは光と陰という対極を上手に利用することではないでしょうか。


照明器具の骨組みがホワイトの傘を背景にくっきりと浮き出ていて、非常に美しいラインを魅せてくれています。

blog.styleestate.com

出典:blog.styleestate.com

キャンドルライトとクロームの燭台、ガラスの笠が見事にお互いを美しく見せています。この調和は素晴らしいですね。

homepins.info

出典:homepins.info

ヘッドボードの上にも光が散りばめられています。ベッドの両サイドのライトカバー自体も光り、なおかつ上下に光が放射されています。その光が壁にグラデーションを創り出し、光と影の芸術作品のようです。

homepins.info

出典:homepins.info

近未来的な美しさ。洗面台の後ろから側面にパープルライトが照らされて、周りを照らし出すのではなく洗面台自体が発光体として輝いている光の芸術ですね。

homepins.info

出典:homepins.info

間接照明のみに照らし出されたキッチンレンジ。間接照明の優しい光が、ガスレンジ上の人形達や時計などをリアルに浮き立たせています。キャビネットの扉のモールディングも光と影のアートを創り出しています。

flickr.com

出典:flickr.com

バスルーム化粧台に設置されたフットライト。足元が照らされると言う実用的なことも勿論ありますが、なんといっても美しい。間接照明ならではの柔らかい包み込むような明かりです。

diynetwork.com

出典:diynetwork.com

光と影の形を意識的に創り出している分かりやすい例です。下からは丸い穴から光が見え、上からは丸い穴からの光が投影される。そこにまた光と影のアートが出来ています。

古稀庵


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • くの字の交差点、天井が折れ曲がる
  • リビングダイニング
  • リビング
  • ぬくもりのある畳リビング
  • 外観 夜景

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問