2018/11/06更新1like647viewC.O.Barry

中古マンションの耐震性能はどこを見れば安心できる?

日本は地震大国です。1995年の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越地震、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震と、5~10年ほどの周期で甚大な被害を出す大地震が全国で起こっています。2018年にも北海道の胆振地方で震度7の地震がありました。つまり私たちの国では、住まい選びにおいて「耐震性」の視点が欠かせないのです。もちろん、中古マンションも例外ではありません。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

中古マンションの信頼性を確かめる方法

自分の住まいの耐震性が、確実に追求されているかどうか。

これは、「安心できる住まい」という視点から見ると、とても重要な疑問です。でも、素人にはその答えを得るのはなかなか大変。
なぜなら多くの場合、答えは外から見えない構造部分に関わっているからです。

では、中古マンションは耐震性不明のまま購入することになるのかといえば、そんなことはありません。判断の手掛かりにできる基準がきちんとあります。

高品質な中古住宅の証「安心R住宅」

まずチェックしたいのは、「安心R住宅」のマークが付いているかどうかです。

「安心R住宅」とは、2018年4月に始まった国土交通省の制度です。このマークが付いている中古マンションは、建築基準法の耐震基準に達した性能を持っていると公的に認められています。
定義としては、「耐震性があり、インスペクション(建物状況調査など)が行われた、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準に適合している住宅」となります。
「インスペクション」とは耳慣れない言葉ですが、「既存住宅状況調査技術者」の認定を受けた建築士など住宅のプロが、耐震性や建物の劣化の有無、修繕の必要性などについて診断するものです。

2018年4月から、中古住宅の購入者にはホームインスペクションについての説明が必ず行われているので、これから中古マンションを買おうとしているなら、覚えておくといい用語です。
また、リノベーション・リフォームが済んでいるならその内容説明があり、まだの場合はその提案書が提示されるのも「安心R住宅」の特徴。安心して、きれいな中古住宅を選べるというわけです。

さらに、水道やガスなどの配管検査と保証が付き、メンテナンスの履歴などが確認できる「適合リノベーション住宅」マークがあれば、より安心して中古マンションが選べます。

築年数の古いマンションは「新耐震基準」がキーワード

築40年や築45年など築年数の古いマンションが、駅近くの便利な立地に安価で売り出されていたとしましょう。きっと気持ちが動きますよね。
でも、耐震性は大丈夫だろうか、という心配も沸いてきます。

そのような古いマンションの場合、まず「1981年以降に建てられたかどうか」をチェックしましょう。

1981年は、建築基準法が大改正された年。それまでは、「震度5で倒壊しない」耐震性が要求値でしたが、「震度7で倒壊しない」に引き上げられたのです。
これがいわゆる「新耐震基準」です。この基準に則して建てられたマンションなら、最低限安心できる耐震性を備えていると考えていいでしょう。
ただし、1981年以前に建てられたマンションはすべて地震に弱い、というわけではありません。

旧耐震基準の時期に竣工したマンションでも、新耐震基準をクリアするレベルで頑強につくられているケースは数多くあります。そのことを知っていれば、中古マンション購入の選択肢が広がりますね。
つい最近まで、約30年ほどでスクラップ・アンド・ビルドされていた日本の住宅。住む人の家計に与える影響はもとより、環境負荷も心配されてきました。しかし今は「家あまり」といわれる状況もあって、いい住まいを長く受け継ぐことを優先する時代。社会のため、家族の未来のためにも、耐震性が確保された質の高い中古マンションを選びましょう。


■物件をお探しの方は、SUVACOの「リノベーション向き中古物件提案サービス」(無料)をご利用ください。 
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る