2016年10月29日更新

インテリア(照明)

自由自在な照明パーツ♪ダクトレールで部屋がおしゃれになる!

ダクトレール(ライティングレール)とは照明の電源を取ることができるレール状のパーツのことで、天井や壁に取り付けることで1つの電源から複数の照明を灯すことができるようになります。そうすることでライティング演出がしやすくなり、お部屋がぐっとおしゃれに見えるのがこのパーツの魅力。色々な使い方ができるダクトレールに注目してみましょう。


ダイニングで活躍するダクトレール

ダクトレールがよく使用される場所にダイニングがあります。長方形の大きなテーブルに対して照明が1つだけだと両端に影が出てしまいますが、照明を3つ等間隔に並べて使用することで、どこに座っても料理が綺麗に見えるという効果があります。ペンダントライトは見た目もおしゃれで、インテリアをワンランクアップさせてくれます。

心地良いカフェのような空間(リノベーション)

照明の位置を調整できる

照明はレール内なら自由に移動することができるので、長めのレールを取り付けておけば多少家具を移動した場合でも照明の位置を調整しやすいという利点があります。

港区I邸_無骨さが心地よい

スポットライトで空間演出

目立たせたい場所に光を当てることができるスポットライトは、空間をおしゃれに演出する代名詞のようなライティング方法です。小さなスポットライトは複数個まとめて使用することが多いので、ダクトレールが役立ちます。

人を呼ばない家。

間接照明もお任せ

スポットライトは壁や天井に向けることで柔らかな明かりを作ってくれる間接照明にもなります。こちらのダイニングでは複数のスポットライトが取りつけられていて、天井を照らすライトとダイニングを照らすライトと、場所によって使い分けています。

アイランドキッチンのある家

1本のレールに違う種類のライトを取り付けできる

リビングの天井に取り付けられた二本のダクトレールには、星型のペンダントライトやシンプルな裸電球など種類の違うライトが下がっています。それぞれのコーナーに合わせたライトを取り付けできるのが、このレールのいい所です。

K邸・ビンテージマンションを自分色に

壁への取り付けもOK

天井だけではなく、壁や梁に取り付けることも可能です。ダクトレールをあえて目立たせて、インテリアのポイントにするのもおしゃれです。

BROOKLYNstyle

フレーム型のダクトレール

ダクトレールには天井から離して取り付けられる種類の物があり、こちらの事例ではフレーム型が使用されています。大きなペンダントライトを囲むように小さな明かりが灯されることで、温かで優しい空間を演出できます。

リノベーション会社:G-FLAT株式会社「「足場板で作る家」戸建てリノベーション」(リノベりす掲載)

植物や雑貨も下げられる

ダクトレールには照明の他に雑貨や植物などを下げることもできます。天井との間に隙間があるタイプのレールにはそのまま引っかけることもできますし、専用の吊りフックを取りつけることも可能です。インテリアに一役も二役も買ってくれるのが嬉しいですね。

リノベーション会社:リノべる。「ヴィンテージ家具や雑貨とラフな仕上げがマッチした住まい」(リノベりす掲載)

ダクトレールには目立たないデザインのものから、レール自体がインテリアの一部になるような存在感のあるものまであり、お部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます。様々なテイストのインテリアに対応できますので、上手に活用していきましょう。

この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

最近お気に入りされた事例写真

  • 白を基調とした玄関ホール
  • テラスのある白い外観
  • 西山の住まい
  • みんなの居場所
  • 玄関 土間

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問