2015年08月18日更新

インテリア(ファブリック)

帰宅してほっと和む♪思わず笑顔になる玄関マット完全版

もともとは家の中でも靴で生活する欧米で、外からのゴミやホコリを家の中に持ち込まないために使われるようになったという説がある玄関マット。靴を脱ぐ生活の日本では、実用性よりもお客様を歓迎するおもてなしの心からエントランスに置くことが浸透したと考えられています。今回はほっと和んだり、センスをアピールできる玄関マットの事例をご紹介します。


エントランスの内側に置く

天然木の床と天井、そして靴だけでなくさまざまなものを入れられる大容量の収納を備えた和のテイストあふれる玄関。木の色になじむ玄関マットがさり気なくやさしさを与えています。

趣味を充実させた家

築15年の木造2階建ての住宅をリノベーションした事例。光が入る明るい玄関にぴったりの暖色系マルチカラーのラグが、座り心地のいいイスとともにお客様を迎えます。

ぶらさがりがいっぱいの家

上品で落ち着いた大人のアジアンスタイルをコンセプトにリノベーションされた住まい。アジアンテイストの玄関ラグで、エントランスから一貫したスタイルをアピールします。

凹凸の集い

エントランスの土間部分に置く

1980年築の歴史ある住宅を、「住み継ぐ」という考え方でなるべく存在を変えずに改装した住まい。薪ストーブを置くために約1坪の土間を増築し、手前にワークスペースを設けました。リビングに上がる手前には、レトロなイメージを壊さない玄関マットを。

築28年の家を購入しリノベーション|籠原の家

玄関ドアとリビングドアの間にある多目的な土間スペース。高級感のある大きめの玄関マットでお客様を室内へと導きます。

建築家:原 直樹「レトロ」

レトロ

ヴィンテージマンションを男前な住まいにリノベーション。鉄骨とガラスが印象的なエントランスには、ネイティブアメリカンを思わせる素朴なラグを敷いて世界観をアピール。

マンションリノベーション|名古屋市東区K邸

玄関ドアの外に置く

鮮やかなオレンジ色のドアとコンクリートの床面をつなぐ、カラフルな玄関マット。厚みと目の粗さで、ホコリを取り除くという本来の機能性も備えています。

bhg.com

出典:bhg.com


この記事を書いた人

joker7さん

プロのコピーライターです。
仕事上の経験から培った価値ある情報を発信していきますので、
どうぞご期待ください。

最近お気に入りされた事例写真

  • CAVE KITCHEN
  • ペントハウスデッキ
  • LDK
  • ガラス張りの外観
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問