2016年04月27日更新

インテリア(DIY)

賃貸物件でもできる! 原状回復可能なDIYであこがれのお部屋に

賃貸住宅に住んでいても自分らしいインテリアを楽しみたい。DIYで自分好みのお部屋を作りたいと思うこと、ありますよね。
賃貸住宅の場合は、退去時の現状回復義務があるので大幅なリフォームや建物を傷付けるような装飾はできません。
そこで今回は、現状回復可能な範囲で出来るDIYの実例をご紹介します。


築46年の賃貸住宅をご自分の手でリフォームされたお宅です。
洋風のキッチンには不似合いなふすまを取り払い、隣の和室と合わせてリビングダイニングにしました。壁は一見すると本物の板壁のように見えますが、マスキングテープや両面テープを駆使して、廃材をはめ込むように並べていくことで現状回復も安易にできるようになっています。

賃貸物件ではよく使われているステンレスのシンクも、木材やタイルで極力覆い隠すようにしています。これだけでも木のぬくもりが感じられる温かみのある印象のキッチンになりますね。キッチンカウンターやスパイスラックなどの小物にもこだわって、ご自分で手作りされているのも素敵です。

ameblo.jp

出典:ameblo.jp

こちらはリフォーム前のキッチンです。

ameblo.jp

出典:ameblo.jp

お部屋の印象を変えようと思った時に、最も効果的なのは壁ではないでしょうか。
しかし、現状回復のことを考えると賃貸で壁紙を変えるのは難しそうですよね。

そんな時に活躍してくれるのがマスキングテープと両面テープ!
マスキングテープを貼ってその上に両面テープを貼り、更にその上に糊なしの壁紙を貼ることで、退去時には、もともとの壁を傷つけずに壁紙を剥がすことができます。

また最近では、貼ったりはがしたりできる壁紙も販売されているので、お好みのものを探してみてはいかがでしょうか。

111chintaireform111.blogspot.jp

出典:111chintaireform111.blogspot.jp

カラフルなマスキングテープを模様のように貼ったり、ウォールステッカーなども手軽に壁をデコレーションできて便利なアイテムです。

etsy.com

出典:etsy.com

theguardian.com

出典:theguardian.com

リフォームしたい場所ランキングの上位は「トイレ」です。
DIYで木枠を作り、板を貼りつけることで給水タンクをすっぽり隠しています。これなら現状回復も簡単。スクラップウッド風のペイントも素敵ですね。

blogs.yahoo.co.jp

出典:blogs.yahoo.co.jp


この記事を書いた人

莉緒さん

海外インテリア・DIYなどに興味があります。

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム3
  • ENTRANCE
  • ウォークインクローゼット
  • 古びたキッチン
  • 洗面

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問