2014年10月09日更新

インテリア(雑貨)

インテリア小物のディスプレイ術

沢山の物が表面に出てると、どうしても散らかって見えてしまうので、すっきり見せるには収納スペースを増やすことが大切だと思います。ですが、自分の趣味のものや好きなものを飾って、上手く自分好みの空間を作っている家もあります。
それはアジア系だったり、フレンチ系だったり、選ぶものによって全く違う印象の空間になります。
物を色々飾っても、雑にならず上手くまとまっているコツは何でしょうか。
色々なタイプの「飾っている家」を見てみましょう。


生活用品とグリーンやキャンドルが上手く組み合わされて、花屋のような、雑貨屋さんのようなオシャレな空間になっています。

世田谷区U邸~mina~ (キッチン窓)

壁には黒板塗装が施されています。
クリスマスの時期でしょうか。時期に合わせたデコレーションも素敵です。

世田谷区U邸~mina~

木の実や花器に入ったグリーン、瓶やキャンドルなどが無造作ながらも色合いが合うように置かれています。

ヴィンテージもモダンもなじむ、ニュートラルな空間

家族の集まるLDKに地球儀やフラッグガーランドなど、子供目線の物が飾られて可愛い空間になっています。

リノベーション / cozy

キッチンカウンターの横に設けられた棚。ブルの壁紙に映えるシンプルディスプレイが素敵です。

coco (ダイニングキッチン)

瓶やカップが飾るように収納されています。

coco


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • らせん階段のあるリビング
  • わが家のダブルアイランド
  • リビングルーム
  • キッチン
  • キッチン4

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問